『トヨタ生産方式』の記事一覧 : 122件

1.基本となる作業要領書の作成 これにより大くくりな全体像を万人に把握させることができる。 しかし具体的な作業内容を教えようと思えば、より詳細な説明が必要になる。 2.加工内容のビデオ撮り ビデオを定点にセットして加工内...

機械加工では刃具を使うが、いくつか加工していると刃先が丸くなってしまうため、再研磨する。 多くの企業が、その刃具研磨を機械加工作業者に行なわせている。 機械加工作業者が刃具の研磨をしている時間は機械は遊んでいる。 刃具の...

誰にも聞けない「サービス業の3S改善」現場改善コーチが伝授します 【13】「見える化」で状態が一瞬で分かる 「見える化」とは、3Sの「整頓」のラベルなどを用いて、名称や数量を表示をすることです。 誰が見ても、置かれている...

トヨタ生産方式は性悪説に立つ。 中国で次のような質問を受けた。 「日本人はまじめだとよく言われます。しかし中国人はあまりまじめでない人もいます。このような中国で、トヨタ生産方式の導入はうまくいくでしょうか?」 私は次のよ...

トヨタは次の3つのステップで考えた。   第1ステップ……「人の手の動き」を段階を追って機械化する 第2ステップ……「人の頭の働き」を機械化する 第3ステップ……「人の手の動き」と「人の頭の働き」の両方を必要と...

工場では不具合が発生すれば、その対策が完了するまで関係者は帰宅できない。 規模の大きな不具合になれば、それこそ徹夜対応になる。 そのような異常事態にも、果敢に対応することができるような人材を育てるために、トヨタの社内研修...

上り新幹線の車窓から富士山を撮った。 やはり富士山が見えると気分がいい。 今日のセミナーの題目 「最強のトヨタマンを育成するトヨタの企業風土と教育体制・人事評価」 クライアントのご要望で『人事評価』まで言及することにした...

女子ソフトの宇津木監督が、「運動能力は運動『脳』力でなければいけない」と言っていたそうだ。 確かにイチローとかも、身体能力や動体視力は抜きん出たものがあるが、それらに劣らず「脳」力が格段に優れていることが分かる。 &nb...

私がトヨタへ入社した時、工場では作業工数の実績を電算機で集計していた。 そしてその工数データは、同時に集計される詳細な生産数実績データとぶつけられて「生産能率」という指標にして現場管理に活用されていた。 トヨタ生産方式と...

日本の中小企業の品質は熟練工に拠っている場合が多い。 工業製品も手先の器用な日本人が、熟練したスキルで、まじめに作り上げた製品は素晴らしい品質を確保している。 これらの熟練工は1つの製品の全工程を1人で何時間もかけてすべ...

トヨタ式問題解決手法での「目標設定」の考え方は次の通りだ。   1.目標は必要性からズバリと決める できるかできないかの可能性を先に考えるのではなく、必要性からズバリと目標を決めて、そのあとで可能性を考える。 ...

1.主作業……有用作業の中で、正規的に毎回繰り返される作業 ①主体作業……工程で製品を作り上げていく作業 ●加工……切削・成形・溶接等を直接行なう作業 ●検査……標準と現物との比較を行なう作業(現物をゲージで測定する作業...

2 / 1112345...10... >>