青木幹晴 Ambassador

豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。

改善する際の考え方は、次の通りだ。 1.「目的」に対してWhy?Why?Why?・・・・と何度も何度も繰り返すことにより、徹底した「目的の追求」を行う。 2.「目的は1つでも、手段はいくつもある」ということで、旧来の考え...

「青木さんちょっと会議に来てください」 行って見ると、副社長も参加している幹部会議だ。 そこには新たに現場に掲示する「置場表示」のサンプルがプロジェクターで映し出されていた。 置場表示の案について副社長の決裁を受けている...

トヨタはトヨタマンに対して一番最初に問題の発見を要求する。 トヨタは既に磐石な地盤の上に堅牢な石垣を積み上げ、その上に素晴らしい天守閣を築き上げている。 それにより世界一になろうとしている。 しかし、そのお城も時代の進行...

トヨタ生産方式は次のような導入の順番でないと成立しない。   ①シングル段取り 車両組立ラインの前工程である、機械加工・成形・プレス・鍛造・鋳造などは段取り替えが必要となるが、徹底的な段取り改善を行なってシング...

トヨタの機械工程はすべて1個流しだ。例えば1分で1個の製品が出来上がるラインでは、すべての機械が1分で加工が完了するようにして、次々に送っていけばいい。   しかし中小の企業では多種少量でそうはいかない。旋盤、...

トヨタの工場では、決められた保護具をつけずに工場へ入ったら、そこらの作業者に怒鳴られる。帽子、安全靴、ヘルメット(工程により必要)などだ。帽子に関しては、長い髪の女性はまとめて帽子の中に入れれるように、後ろ部分が大きくな...

トヨタもトヨタ生産方式導入前は、全工程でロット生産を行っていた。それを段取り改善や1個流し化などによって進化させてきた。   機械加工の設備などでは、長い加工工程は、例えば1分で1台生産しようと思ったら、工程順...

トヨタの製造関係役員は毎月1回工場へ出向いて現場で2つの製造課の改善事例の報告を受ける。 「毎月なんて準備がたいへんだろう?」とお思いの方も多いかも知れない。しかしトヨタは巨大企業なので製造課の数は非常に多いので、1つの...

私がトヨタへ入社したころ、総務部保安課に所属する守衛の方々は、ビルに入る玄関などで長時間立ったままの姿勢でいた。   この立ったままの姿勢というのが、体力を消耗するばかりで何の意味もないということで、机とイスが...

トヨタの工場の生産管理の仕事をしていると、「設計変更依頼書」なる書類が設計部からどんどん送られてくる。部品の共通化や使用素材の変更など設計変更の理由はさまざまだ。その書類は社内の関係部署をすべて通って最後に工場の生産管理...

私がトヨタへ入社したころ、総務部保安課に所属する守衛の方々は、ビルに入る玄関などで長時間立ったままの姿勢でいた。 この立ったままの姿勢というのが、体力を消耗するばかりで何の意味もないということで、机とイスが置かれて座って...

自動車のシートは大物部品の代表格であり、運搬効率が極めて悪い。種類もめちゃくちゃ多い。 結局、シートメーカーはトヨタ工場に近接して工場を建て、そこで造って供給するようにしている。 これにより運搬の問題は解決できる。 &n...

1 / 812345... >>