ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

信頼性試験、故障解析、デバイス評価に役立つ書籍を手持ちの中からご紹介させていただきます。 弊社商品に限らず、幅広い種類の電子部品、半導体デバイスを対象としたものを選択致しました。 最新の専門特化の物ではなく、むしろ歴史の...

※当コンテンツはCBC Laoの提供でお届けいたします。 新年あけましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。   さて、ラオスのお正月というと、実は何もありません...

弊社では「中国調達」をどのように進めたらよいか、 どのように利益を出すかをテーマとしたセミナーを毎年開催しています。   今回は、そのセミナーで講師の先生が話された内容のひとつを紹介したいと思います。 &nbs...

3Dプリンターは業務用の装置として1990年半ばごろから徐々に導入・普及が進み、今では家庭用で使用できる安価で高性能なものも増え、身近になってきています。当初課題だった精度や強度の問題も、3Dプリンターの技術改革や材料メ...

端材(バー材)置き場 現場にて 「これまた、いっぱいありますね。品番xxxxを出してみてください」 「えっ……。急に言われましても……。ちょっと待ってくださいよ」 (時間経過) 「あっ、これです。やっとありました」 「ず...

1.現場の体質 先日、大手製造企業の品質保証部門で勤務している知人と久しぶりの会話を楽しみました。時節柄、オンラインです。 仕事のやり方が大きく変わったねぇという話から始まってなんだかんだと4時間以上、話し込みました。モ...

今回はやってはいけない改善についてビデオでお伝えします。どうぞよろしくお願いいたします。  

前回工場監査は事前の準備がとても大事で、 それをツール化した監査チェックシートを作成して運用するようにしたことを紹介しました。   この内容に関して、読者の方からコメントをいただいたので紹介したいと思います。 ...

水晶デバイスは、安定した周波数や正確な信号を維持する役割として電子機器には欠かせません。スマホでは電波の送受信、自動車では自動運転の距離測定センサーに使用されています。更なる技術の発展に伴い、水晶デバイスの用途は増大し、...

※当コンテンツはCBC Laoの提供でお届けいたします。 ラオスには、大多数を占めるラオ族の他にたくさんの少数民族がいます。 その中でも、ある程度人数が多いのがモン族の人々で、ラオスに住んでいると少数民族と言いつついろい...

前回、工場監査の前に監査内容を整理するために、 監査チェックシートを作るようになったと書きました。   チェックシートの基本的内容は、先方のQC工程表に基づいて、 どんな工程で作業/生産しているのか。 管理の内...

企業では決算を行い一定期間の収支や財務内容をチェックしています。 家庭でも同様のことを行っています。そう家計簿です。 でもこの家計簿、一定期間(通常1カ月ごと)の収支はチェックしますが 財務内容の確認まで行っているご家庭...

1 / 31812345...102030... >>