『見える化』の記事一覧 : 79件

機械工場では、機械加工した部品を組付ラインで組付けて、アクスルとかミッションとかの大物部品を作る。 私がトヨタに入社する前の事例を紹介したい。   組付ラインの先頭で、これから作る種類が、指令室から指示される。...

論理的に技能伝承を進められていますか? 1.スポーツ論理力 2018年2月、韓国の平昌で開催された冬季オリンピック、日本人選手の活躍に、国内は大いに盛り上がりました。 その後に引き続いて開催されたW杯サッカーやアジア大会...

中小製造業の現場に立って、現場リーダーにこう問いかけることにしている。 「今、順調ですか?」 次は、これに対する、あるひとコマである。   問いかけられたリーダーは、少しキョトンとした様子をしたかと思うと、壁に...

貴社では現場といっしょに経営問題を考えていますか? 1.“変える”ことのご支援 先日、個別相談で、品質管理体制構築の相談がありました。 ご相談をいただいたのは、中小の自動車関連電装部品メーカーです。   役員の...

誰にも聞けない「サービス業の3S改善」現場改善コーチが伝授します 【13】「見える化」で状態が一瞬で分かる 「見える化」とは、3Sの「整頓」のラベルなどを用いて、名称や数量を表示をすることです。 誰が見ても、置かれている...

今回はIoTの「見える化」の範囲や機能を拡張した「トータルの稼働監視」、先端テクノロジーの組込みの観点から「予兆保守」をはじめとしたAIの活用を取り上げます。 なぜ製造業の「見える化」は遅れがちなのか? 非製造業、あるい...

真因特定から革新まで支援 オムロンは、現場データ活用サービス「i-BELT」の第2弾として、「現場課題の見える化・分析サービス」を10月から開始する。 製造業において、データの収集や、装置単体の課題解決にデータを活用する...

オムロンは、製造現場のデータを基に顧客と共創することでモノづくりを革新する、現場データ活用サービス「i-BELT」の第1弾として、「設備の異常予兆監視サービス」を7月から開始する。   調査から環境構築、精度向...

安川電機は、さまざまなものづくりの現場で発生するビッグデータを、同社のグローバルで競争力のあるサーボ・インバータそしてロボットを中心とした製品を介して集めることができる強みを生かし、データの収集・見える化、さらに蓄積・解...

「IoTで何ができるのか?」「どのようなデータをどう活用したらいいか?」「IoTは高度で手が届かない?」 中小製造業企業がより簡単にIoTを活用できるように、低コストで使いやすい“スマートものづくり応援ツール”を集めた「...

部品製造業E社 様 年商100億円 背景 国内外で複数の工場を持つ部品製造業E社。 販売・生産の海外展開強化という経営方針の見直しにより来期に向けて経営体質改善を行うこととなり、生産管理部門でも製品競争力の強化に向けた対...

食品製造業C社 様 年商100億円 背景 人口減による縮小が予測される国内食品市場。食品メーカーにとって、海外市場の攻略が事業継続のために欠かせない戦略となりつつあるいま、経営の見える化と管理損益の迅速な把握は、足元を固...

1 / 712345... >>