来嶋一弘 Ambassador

現場改善コーチ。楽々改善舎代表 ◎1958年大阪府生まれ。同志社大学工学部電子工学科卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)に入社。34年の勤務の後、2015年に定年退職。◎前半17年間は、生産技術として社内用生産設備の制御・計測機器の設計を担当。後半17年間は、社内の生産工場の生産革新・生産性向上プロジェクトの支援を担当。現場改善を推進する。同時に、IE(インダストリアルエンジニアリング)トレーナーとして現場メンバーにIE改善の訓練を行う。社内のIEトレーナー養成研修を担当し、IEトレーナーを育成。社内のIE認定部会の副主査を10年間担当。◎1995年、衛生工学衛生管理者試験合格。2011年、技術士(経営工学)ニ次試験合格。2015年、栃木県足利市の5Sインストラクター研修修了。◎2015年、楽々改善を提唱し、「楽々改善舎」を大阪にて発足。楽々改善のサポート、5S改善を推進できる人材の育成、Webによる現場改善の情報発信、電子出版をノマドワークで推進している。◎楽々改善 http://r2k.link/raku.html

Q:ムダとは何か? A:さすがは、トヨタです。ムダを3つに定義されています。 1.現場で目に見える「ムダ」(カタカナのムダ) 発見するのがやさしい「7つのムダ」     2.仕組みから発生する「むだ」(ひらがな...

Q:「改善の見える化」とは? A:あなたの改善をイラストに書いてみましょう。 決して報告書を作成するのではありません。 イラストのねらいは、二つあります。   一つは、あなたのためです。 自分用ですので、簡単な...

Q:「作業の標準化」とは? A:作業を記録することを、「作業の標準化」といいます。 「作業の標準化」では、「作業手順」と、「作業時間」を決める必要があります。 誰が行っても、同じ手順で、同じ作業時間でできることが理想です...

Q:良くなったことを数字で確認する方法は? A:分かりやすい数字としては「歩数」があります。 これは、歩数計をつければすぐに分かります。 改善前にも、2~3日、歩数計をつけて測定しておきましょう。 そして、改善を行った今...

Q:改善で良くなった点の確認方法は? A:最も重要なのは、「楽になったか?」ということです。 あなたは、会社から帰る時の疲れが、少なくなったと感じることができますか? 肩や腰の痛みが減ったでしょうか? 「何となく楽になっ...

Q:改善の目標をどのように決めれば良いか? A:まず最初に、どこを改善したいのかはっきりさせましょう。 「どこがやりにくいか?」と、いうことを明確にするのです。 やりにくいところに「ムダ」があります。 その「ムダ」をなく...

Q:改善前の状態が分かりません A:改善前の状態を記録することが重要になるのです。 一番、簡単なのは写真を撮ることです。 今では、スマホで簡単に撮れます。 ただし、工場によっては撮影を禁止している場合がありますから、必ず...

Q:「PDCAを回す」とは? A:最初は、簡単にできそうなところからスタートするのが良いのです。 品質管理(QC)では、「PDCAを回す」ことが重要だと言われています。 Pはプラン、Dは実施、Cはチェック、Aはアクション...

Q:「現場改善のムダ」とは? A:「現場改善のムダ」とは何でしょうか? 私が、プロジェクトで現場改善を進めていた時に、ムダだと感じていたことがあります。 それらをしなければ、現場改善の推進は、かなり楽になります。 &nb...

Q:「改善」と「改良」の違いは? A:主にプロジェクトとして進めて欲しいのは、機械やレイアウトの「改良」です。 「改良」とは、お金をかけて行うことです。 工場が儲けたお金を、現場のために使って欲しいのです。  ...

Q:歩行が少ないレイアウトとは? A:歩行距離は、機械の配置、つまり、機械のレイアウトの影響が大きいです。 あなたの工場の機械は、どのように配置されていますか? 機械が同じ方向に向いている、または、機械が向き合っている?...

Q:ちょこ停を見つけるためには? A:ちょこ停が発生したことを、あなたが知ることができなければ、何もできません。 機械から、発信してもらう必要があります。 トヨタ自動車の工場を見せてもらうと、工場の天井に巨大な電光掲示板...

1 / 2412345...1020... >>