ものづくりニュース by aperza

株式会社富士通マーケティング『ICTのmikata』

お客様の業務課題の解決に役立つヒントが満載!ビジネス拡大の「味方」、ICT選びの「見方」、経営の最前線を支える情報サイトです。 企業経営の中核を担っている経営企画室、財務・経理部門、人事・総務部門、販売・営業部門、製造部門、情報システム部門のマネージャーおよび実務担当の皆様が抱える業務課題の解決に役立つヒントを富士通マーケティングが自ら取り組んだ社内実践例やICTを使って業務課題を解決した導入事例を多く公開しています。旬なイベント情報などをタイムリーにお知らせするメールマガジン「経営改革ライブラリー」も是非ご登録ください。 http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/

「メイドインジャパン」といえば、全世界的に高品質の代名詞として知られてきました。 しかし近年、そうした日本製品の品質に変化が訪れているようです。 いったい、日本のものづくりの現場に何が起こっているのでしょうか。 日本製品...

生産管理の第二次管理とは、生産要素を最適な状態に保つための管理を指します。 生産要素の管理は、「生産主体(作業を行う者)に対する管理」と「生産手段(設備や機械)に対する管理」と「生産対象(材料)に対する管理」と「生産方法...

生産管理とは、生産における目標の管理(第一次管理)と、生産要素を最適な状態に保つための管理(第二次管理)の2つに大きく分類することができます。 今回は、この中でも特に第一次管理について説明していきます。 読んでいくうちに...

内閣府の「平成25年度年次経済財政報告」によると、日本企業の収益性は、国際的に比較して驚くほど低いことがわかっています。 日本企業といえば、トヨタ自動車の「ジャスト・イン・タイム」など、世界的にすぐれたコスト削減のための...

工場で大小さまざまな工作機械を扱う製造業は、最近では装置のオートメーション化やデジタル化が進み、人間の手を介在しない作業も増えてきましたが、それでもまだ人間がコミットする部分は大きな比重を占めています。 工場の安全対策と...

製造業の基本ともいえるのが、品質(Quality)、価格(Cost)、納期(Delivery/Time)の頭文字をつなげた「QCD」です。 元々は、品質管理の基本として製造業で始まった言葉ですが、現在は製造業だけでなく、...

明治維新以降、日本のお家芸とされてきた製造業。 しかし、その製造業にも近年、世界的に大きな変化のうねりが押し寄せようとしています。 日本のものづくりの根幹にかかわる変化の「波」について3点に絞って解説します。 グローバル...

製造業の経営戦略において重要なファクターであるにも関わらず、見落とされがちな「ロジスティクス(物流)」。 原価や在庫を含め、物流を最適化することで、コスト削減を図ることが可能になります。 今回は、物流改革について考えます...

製造業を「インターネット」と「AI(人工知能)」という新たなテクノロジーによって自動化する動きが、欧米を中心に勢いを増しています。 調査会社の矢野経済研究所では昨年11月、機械学習やディープラーニング、自然言語処理、画像...

IoT(モノのインターネット)技術の発展で、エネルギー消費などを可視化して効率的な利用を進める「見える化」というワードが注目されています。 この「見える化」は最近、製造業の現場でも頻繁に取り上げられるようになっています。...

長らく日本経済をけん引してきた製造業。 IoT(モノのインターネット)やビッグデータといった新たなテクノロジーが登場し、モノづくりの現場にも変革の波が押し寄せています。 製造業のかなめである「品質」「効率」「環境」という...

3Dデータをもとに、あらゆるものを実物として再現できる「3Dプリンタ」の登場が産業界に衝撃を与えたのは数年前のこと。 ものづくりを担う製造業だけでなく、医療やエンタメ分野など、幅広い領域でその活用が期待されています。 2...

1 / 212