ものづくりニュース by aperza

伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

自社事業に枠を設けず、顧客へ届ける「コト」に注目して提供できるものを考える、という話です。 1.あのアマゾンが再利用可能な宇宙ロケットの開発? Amazon.comと言えば小売業の世界にインターネットを導入して革命を起こ...

現場のノウハウや過去の製品開発プロセスはその工場が持つ貴重な情報的な経営資源であることを忘れない、という話です。 1.宇宙開発、ロケット開発のイメージと現実 宇宙開発、ロケット開発。 どのようなイメージを持っていますか?...

付加価値を拡大させる時には固有技術+サービスのように組み合わせで成立する事業を構築するべきである、という話です。 特定の市場へ打って出ようと考えた際には、強みを単純に数値で説明するだけの事業は避けます。 競合からは見えな...

経営者は5~10年程度の長期間でとらえる変化を認識し不断の変革の実行する、という話です。 工場の現場で3年前と変化したところ、どれだけありますか? 工場での生産活動を維持し付加価値を生み続けることが工場経営のキモです。 ...

工場経営では常に付加価値を拡大するモデルの構築を目指したい、という話です。 セーレン株式会社の事例は、下請け企業が、付加価値拡大のために戦略を大きく転換させて成功させた例です。 コア技術を極め完成品を提供できる体制を構築...

自社製品で共通の「プラットフォーム」を設定し新たな付加価値を引き出しやすくする、という話です。 自社製品の「プラットフォーム」を共通化することで新たな付加価値が生み出しにくくなると思いますか? 自動車メーカーではプラット...

「ほんとうのコア技術」を生かしターゲットを絞れれば尖った高付加価値製品(サービス)の開発が可能である、という話です。 1.市場成熟化のもとで付加価値拡大を実現させるコア技術 存続と成長のためには付加価値の拡大が欠かせませ...

創業者の想いが詰まっている「経営理念」にもしっかり仕事をしてもらいましょう、という話です。 1.経営理念が必要な3つの理由 会社の「経営理念」は仕事をしてくれていますか? 多くの経営者の方は経営理念が企業にとって大切なも...

生産活動を情報の流れで表現し情報発信側と情報受信側で整理すると生産性と生産リードタイムを目で見て理解できる、という話です。 現場の生産性と生産リードタイムを図で説明できますか? 情報に着目しモノづくりの現場を情報を発信す...

人工知能(AI)やロボットを使う側になって、現場を作業から解放し創造性の高い業務へ導く、という話です。 今の現場の仕事は人工知能(AI)やロボットに奪われませんか? 現場で人工知能やロボットを活用するスキルを身につけさせ...

仕掛品を減らすには生産リードタイムを短縮させることを目的にするのがイイ、という話です。 今日、工場の現場にある仕掛品の種類と数を把握していますか? 意図しないで置かれる仕掛品を減らします。   こうした仕掛品が...

下請企業は取引先の多角化と自社製品(サービス)を目指して付加価値拡大を図る、という話です。 自社ブランド製品(サービス)を持って事業を展開していますか? 従来の下請型のモノづくりだけでは存続と成長は難しいです。 &nbs...

1 / 812345... >>