伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

モノづくり事業で豊かな成長を実現する前提条件は、現場のやる気を引き出すことだ。 そもそも、計画とは思い通りに進まない。 だからこそ、中長期計画を活用する、という話です。   中長期計画を策定しない理由は何ですか...

中長期計画の大切さを理解している経営者は現場からやる気を引き出す重要性を知っている、という話です。   中長期計画を作成していますか?中長期計画は現場の動機付けになることをご存知ですか? 1.半数以上の中小経営...

結果を出せる人財と出会いたかったら、採用の母集団を広げる。 豊かな成長のために、多様性のある人財が活躍できる組織風土を目指す、という話です。   結果を出せる人財と出会うための工夫をしていますか? 外部から獲得...

ヒューマンエラーの3分類で真の原因を見極める。 経営者や現場リーダーが、仕組み作りをやらなかったことで現場が苦労する、という話です。   ヒューマンエラーの原因は現場の当事者にある、と思っていませんか? 現場で...

品質でも仕事でも、曖昧さを排除して定量化するとワンランクアップする。 市場の入口側ばかりではなく、出口側にも着目する、という話です。   新しいことを考える時の切り口はいくつありますか? その切り口に対する経営...

停滞している現場活動を現状打破したければ、「意外性」に注目する。 現場に「エッ」とか、「オッ」と言わせる、という話です。 1.東京オートサロン 国内で開催される自動車関連の展示会では、東京モーターショーが最も知られている...

現場の主役はあくまで「人」であり、どんなに技術が進化しても地道な安全衛生活動は絶対に欠かせない。 IoTを安全衛生活動の質向上に生かす、という話です。 1.安全衛生管理は儲かる工場経営の影の主役 情報通信技術(ICT)が...

小さな組織を最大限に機能させるのために、 スピード感あふれる事業展開 人財育成 この2つの観点から仕事のやり方を変える、という話です。 1.あのトヨタも変わろうとしている 中小モノづくり企業の強みは何でしょうか?柔軟性、...

IoTとAIを組み合わせると最終的に自己完結型の設備が出来上がる。 時間で評価される単純作業の要素が減り、プロセスや結果で評価される創造性ある業務が増える。 経営者が現場の仕事を意図や意思を持って「変える「ことが求められ...

現場で直面する現象の原因は多様だ。現象自体は単純でも、その背景に潜む原因は様々だ。 真因に至るためには、多くの推論ネタを持つことが必要であり、現場では推論ネタの「ドラえもんのポケット」を共有する、という話です。 &nbs...

マスカスタマイゼーションでは、特注生産でありながら大量生産の効果を狙う。不良品ゼロを目指す、という話です。   1.マツダの「計画順序生産」 中小モノづくり企業が新たな付加価値の創出を目指して取り組みべきテーマ...

選択と集中化か?上流から下流まで全てか? この選択は、自社製品が、市場から何を求められているのかそれ次第である。 客先の担当者との密接な人間関係で有利に仕事を進める、という話です。   1.即席麺製造プラントメ...

1 / 2112345...1020... >>