ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

管理という仕事は、間違ったアプローチをすると大変こわい局面を生み出すことがあります。それはまるで船の進路を誤らせるかのようです。 さまざまな改善指導をしてきたMさんがF社を指導した際に似たようなことが起きたので、今回はそ...

「現場川柳」とは、産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社が10月3日の「センサの日」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業など、あらゆる“現場”にまつわる川柳を募集するという企画。 201...

 AIや人工知能、機械学習などの言葉はよく聞きます。しかし目に見えるものではないので実態が掴みにくく、AIを装置に使って予防保全や最適制御ができると言われても、なかなかピンときづらいのも仕方のないことだと思います。  そ...

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。 コスト有効度(こすとゆうこうど)(Cost Effectiven...

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。 コストテーブル(こすとてーぶる)(cost table) コスト...

パナソニック株式会社は、 創業100周年にあたる2018年に向けて、 「パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館」の建替えを予定している。 現歴史館は、 パナソニック(当時は「松下電器産業株式会社」)の創業50周年を記...

ISO/IECシンボル体系識別子とは バーコードや二次元シンボルのデータにアプリケーション識別子やデータ識別子が付いていれば、それが何のデータかを判断することができる。しかし、同じ桁数で異なるシンボルの場合、そのデータが...

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。 故障率(こしょうりつ)(failure rate) システムがあ...

1.仕組みの全体構造を現場へ説明する 仕組みを構築する時には、 現場の中で共有すべき情報に注目すること トリガーとチェックの機能を発揮できるよう意識すること この2つに焦点を当てます。仕組みの全体構造が整理しやすくなるか...

2016年10月26〜28日に東京ビッグサイトで開催された「スマートエンジニアリング TOKYO 2016」。工場・プラントとの環境対策、省エネ化、IT化に関するさまざまなソリューションを提案するエンジニアリングの専門展...

KZ法のKは改善、Zは全体を表します。社長を筆頭に全員が現場で現物を前にしてワイワイガヤガヤと議論をすることで全体を把握し、最も役に立つ全体最適の改善をみんなで実行する方法です。 具体的な方法ですが、参加者全員が、一人3...

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。 故障モード(こしょうもーど) 故障の状態を層別して形式的に分類し...

274 / 315<<...102030...272273274275276...280290300... >>