ものづくりニュース by aperza

中村茂弘 Ambassador

昭和45年から平成2年まで、日立金属㈱にて、全社CIM構築、各工場レイアウト新設・改善プロジェクトリーダー、新製品開発パテントMAP手法開発に従事。うち3年は米国AAP St-Mary社に赴任する。平成2年、一般社団法人日本能率協会専任講師、TP賞審査委員を担当を歴任する。(有)QCD革新研究所を開設して活動(2016年有限会社はクローズ、業務はそのままQCD革新研究所へ移行)。 http://www.qcd.jp/

儲けと言う文字は“信”じる“者”の合成語だそうです。 企業内や仲間内で、何かの方針や行動理念などに、理論的に何らかの正しいと思う内容が有り、信じて行動することは良いのですが、どのように形が整っていても、第三者や顧客、従業...

JMAでは毎年『経営課題の実態調査』を実施しています。 この調査はある意味、「JMAに対する支援の項目と期待度を見る」と受け取れる内容です。 バブル崩壊直後、この調査の第1位は原価低減対策でした。   また、3...

人間が本気になる環境は2つあるようです。 土壇場、崖っ淵に立たされ、必死になった時が一つ。 もう一つは、大きな夢実現を描き、可能性を発見し、努力が実りつつある時です。   以下に示す話は前者の例ですが、ここで、...

これはSさんの体験談です。 「あなたにコンサルタントを頼みたいから、すぐ相談に来て欲しい!」という中堅のF社からSさんに対する電話がこの話のスタートです。 しかし、結論は、「断る体制で簡単な提案書を出した」という内容です...

これは、企業のトップF氏の講演内容です。 テーマは「生産革新の講義の体験談」でしたが、体験談を基にした素晴らしい内容であり、研修生にも大きな感動を与えました。 F氏は、当時、H社の重役の中でも従業員から尊敬の高い方でした...

下表に違いを示しますが、部下育成に関する多くの指導書や研修の大半は性善説です。 人間は生まれながらに善というY理論に基づく方式ですが、この考え方は日本で生まれた小集団活動を大きく進めた考え方です。 「しかし、現場管理の場...

4月(年度始め)になると、各社で新入社員の教育が開始されます。 JMAでも、マナーの教育と生産現場に配属される方々が、仕事をする上で必要な技法を学ぶ研修が実施されてきました。 研修に来られる方々を拝見すると、目が輝いてい...

企業がお持ちの研修所にお邪魔すると、筆者も「技術関係のスタッフの方が研修担当になった。よろしく」とご挨拶されることが多い立場です。 この時、事務局を担当されている方を見て「うらやましいな!」と言ってしまいます。 その理由...

これは、KさんがV社で行った研修相談時の内容です。 Kさんの話では「2年程前にV社の研修を担当し、内容が良かったためでしょうか? その時に担当した方の推薦で研修の講師を兼ねて私に相談があったのですが、研修対象者は120名...

これは、CさんがA社にお邪魔したときの話です。 内容は現場改善研修の打ち合わせですが、P社の重要課題をお聞きして内容が決まった後、いよいよ研修会が始まる時になりました。 Cさんが研修会場を訪れると、あれほど熱心に話されて...

J社で企業内アンケ-トを取り、将来計画に役立ててゆくための計画に対し、Yさんに相談がなされた内容を紹介することにします。 J社が作成したアンケートには、項目がたくさん並び、 「いろいろな解析を進めるため」という説明でした...

Mさんがある研修を行っている時、研修に関する内容ですが面白い質問がなされたので紹介することにします。 Mさんのお話では、多分、質問された方、自分の会社では研修を毎週やっていることに対する自慢が入っている様子でした。 そこ...

1 / 41234