ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

地産地消は、最も効率が良い生産・消費の形だ。製造コストを最小限に抑え、ユーザーに早く届けることができる。製造業でも大企業を中心に、重点市場に近い場所での生産が進んでいる。 これまで日本は国内で作って海外で売るというビジネ...

かぜに対する特効薬を発明するとノーベル賞をもらえると言われます。それと同じくらい多くの人から望まれているのが「育毛剤」です。海藻や頭皮マッサージなど、色々な対策が出ていますが、特効薬とまでは至っていません。日本の最先端技...

現存しているバーコードシンボルの中でもっとも古いシンボルは、スタンダード(インダスリアル、ディスクリート)2 of 5である。これは、スペースを使用せず、バーのみでコード化したシンボルである。シンボルキャラクタは、5本の...

1932年の今日、治金学者の三島徳七が鉄・ニッケル・アルミニウムを主成分とする磁石「MK鋼」の特許を取得しました。 「MK鋼」は、合金を鋳造した後に摂氏600度以上で焼き戻すことでつくられ、当時“世界最強磁石”と謳われた...

高い信頼性 一次元シンボルは、バーをどこでも横切るようにスキャンさえすれば読み取ることができるので、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを逃げてスキャンすれば読み取れる。このシンプルな仕組みの冗長性が、バーコードの高...

6月22日は、ボウリングの日です。江戸時代に長崎に初めてボウリングが伝わったことを記念して、1972年に日本ボウリング場協会が制定しました。 ボウリングに欠かせない「球」ですが、指用の穴をあけるために重心をずらしているそ...

バーコードシンボルとは 「バーコードシンボル」は、光学的反射率の高い部分と低い部分との組み合わせで情報を表示し、機械的に読取可能にした情報媒体の総称である。したがって、一次元シンボルと二次元シンボルを含んだ総称であり、バ...

作業工具メーカーの京都機械工具は、工具・測定機器、ウェアラブル端末と作業トレーサビリティシステムを連携し、モノとヒトの作業のすべてをつなぐ『次世代作業トレーサビリティシステム』の開発を本格化する。 鉄道車両、航空機などの...

安川電機は、ロボットを簡単に生産ラインに導入するための「Easy to Use」の取り組みとして、ロボットの動作軌道を当社のロボットシミュレータ「MotoSimEG-VRC」上で自動生成するパスプランニング(Path P...

6月21日は、スナックの日です。その昔、夏至のお祝いちまきに似た「カクショ」や、お正月のお餅を硬くして食べる「歯固め(ハガタメ)」という習慣があったことにちなんで、全日本菓子協会が制定しました。 今日はスナックの日という...

6月20日は、ファミコンの設計者、かつ開発責任者である上村雅之さんの誕生日です(1947年生まれ)。 上村さんは千葉工業大学電子工学部を卒業後、早川電機(現在のシャープ)に入社。コンピュータや半導体の技術者としてキャリア...

ベアリングのように見えますが、実はこれペアリングなんです。 出典:ソラ(SORA)HPより これは、ユニークなオリジナルジュエリーを製造販売しているSORAの「ベアリングのようなペアリング」。 ベアリングを元にデザインし...

280 / 292<<...102030...278279280281282...290... >>