ものづくりニュース by aperza

富澤 正 Ambassador

弁理士。コスモス特許事務所パートナー。1980年愛知県生まれ。愛知大学卒業、名古屋工業大学大学院修了。LECで弁理士受験の講師を務める。オモシロ特許研究会を主宰し、知的財産権の大切さを伝えるため全国で講演を行う。自身、商標権を活かしたアイデア商品を作るベンチャー企業、TimeFactory株式会社を設立、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標・ものづくりを応援するフリーペーパー『開発NEXT』を発行、「開発NEXT Web」( http://kaihatsu-next.com/ )を運営している。

今回は、花王株式会社に約15年勤務したのち独立し、現在は商品開発コンサルタントとして活躍されている美崎栄一郎さんを迎えて、中小企業の商品開発についてお話を伺います。 中小企業のものづくりは、“飛び地”をしないことが大切 ...

ガラケー回帰? 折りたたみ式iPhoneの特許が発見される Appleが、ディスプレイ同士を向かい合わせた状態で折りたためる構造の電子デバイスの特許を、アメリカで取得したようです。 大画面は魅力だけどポケットにはスマート...

「いちごけずり®」が大ヒット商品に 今回取り上げる「まんねん合同会社」は、北海道札幌市を本店とし、北海道の野菜や果物でフレッシュジュースを提供するリトルジュースバーを運営する企業です。 同社が大きく変わったきっかけは、冷...

次期プリキュアタイトルか? 商標公報にプリキュア新名称らしきもの掲載 アニメ「プリキュア」シリーズの未公表の次回作のタイトルが、公開商標公報によってネタバレしてしまったようです。 特に子供向けのアニメなどは関連商品も多く...

今回インタビューしたのは、家を建替える方に解体業者様を紹介する「解体工事の匠」や、外構業者様を紹介する「エクステリアの匠」といったマッチングサイトを運営している株式会社クラッソーネの川口哲平氏です。 インターネットの検索...

「直虎」思うように使えず……困惑 複数事業所、既に商標登録 NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年1月から放送予定)に合わせて「直虎」に関連する商標登録を行う事業者等が増え、地域振興等への影響が懸念されている...

特許庁が「地域団体商標の出願状況」を更新(2016/10/12) 現在、地域団体商標の出願が最も多い都道府県は「京都府(150件)」で、その他の上位都道府県は、「兵庫県(63件)」「北海道(51件)」「沖縄県(42件)」...

協会アワード2015 文部科学大臣賞受賞の「日本サロネーゼ協会」 一億層活躍社会が叫ばれ女性の幅広い社会進出が注目されています。 そして、就労・子育て支援などの社会的課題に教育という側面から取り組む優れた事業を表彰する協...

特許出願、特許調査を自社でこなす 株式会社名南製作所では、自社で特許出願までこなす特許に力を入れた企業です。 同社は、合板製造機械メーカーであり愛知県大府市に本社を構えます。 特許調査を自社で行う中小企業は数多くあります...

今回ご登場いただくのは、桜製作所代表取締役社長の山口将史氏です。 同社は、プラスチック成形加工等を事業として行ない、既に40年以上の実績を持ちます。 また、山口氏はプラスチック製品のものづくりアドバイザーとして、ものづく...

ママの振袖を仕立て直す「ママ振リメイク」 名古屋市錦にお店を構える創業1864年の老舗呉服店「きものやまなか」。 従来、呉服業界の売り上げの多くを占めてきたのが成人式の振袖購入です。 しかし、少子化に伴い振袖を購入する人...

「曲がる木」で商品開発 名古屋木材株式会社は建材販売を主業務とする会社です。 しかし、建材販売は今後の少子化社会を考えれば住宅数の減少とともに減っていくことは容易に予想することができます。 その中で当社は会社理念である「...

1 / 41234