富澤 正 Ambassador

弁理士。コスモス特許事務所パートナー。1980年愛知県生まれ。愛知大学卒業、名古屋工業大学大学院修了。LECで弁理士受験の講師を務める。オモシロ特許研究会を主宰し、知的財産権の大切さを伝えるため全国で講演を行う。自身、商標権を活かしたアイデア商品を作るベンチャー企業、TimeFactory株式会社を設立、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標・ものづくりを応援するフリーペーパー『開発NEXT』を発行、「開発NEXT Web」( http://kaihatsu-next.com/ )を運営している。

5. 回答書(応答)を書く時の注意事項は? 前回の説明では、1回目の回答書(応答)について触れましたが、今回も引き続き、1回目の回答書(応答)の書き方について、具体的な注意点を説明しておきたいと思います。 多くの警告書に...

国立大学がクラウドファンディング!?東京藝大の新しい挑戦 – COSMUSICA (2017/4/9) 記事では、東京藝術大学がクラウドファンディングのReady forを利用して様々なプロジェクトの資金調達を行っている...

4.「警告書」の内容を検討しよう!(その2) 前回の説明の続き「(ⅳ)「求められている行動」はなんと書いてありますか?」の詳細を説明をします。   求められている行動(権利者側からすれば求めている行動)に応じて...

Daily News Online – 2017/4/8 – http://dailynewsonline.jp/article/1298221/ 記事では、元SMAPのメンバー中居正広さんが、SMAPに関する商標権の買...

毎日新聞 – 2017/4/5 – https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00m/040/081000c 浜松市の業者と長野県須坂市の業者それぞれの「直虎」の登録商標について...

日本弁理士会 – 2017/4/3 – http://www.jpaa.or.jp/opinion/ホームページリニューアルのお知らせ/ 日本弁理士会のホームページがリニューアルされました。 デザインも今風で、レイアウト...

3.「警告書」の内容を検討しよう!(その1) それでは、内容証明郵便で送られてきた封筒を開封し、内容の検討を行いましょう…と、その前に、まずは以下の対応をすることをお勧め致します。   内容を検討する前にまずは...

INPIT – 2017/3/27 – http://www.inpit.go.jp/katsuyo/db/dbnew.html INPIT(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)提供の「開放特許データベース」がリニュー...

西日本新聞 – 2017/3/29 – https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/317838 記事では、佐賀県が窯業技術センターによって新しく開発することに成功した陶...

2. 「内容証明郵便」って何? さて、前項で出てきました「内容証明郵便」について簡単に説明しておきましょう。 「内容証明郵便」という仰々しい名前に、騙されてはいけません。 予め申し上げておきます。「内容証明郵便」が届いた...

皆様は、「警告書」なるお手紙を受け取ったことがあるでしょうか? できれば、受け取りたくないお手紙ではありますが、会社として経済活動を行っている以上、どこかのタイミングで必ず競争相手と衝突することが避けられないという場面が...

マイクロソフト、トヨタと特許ライセンス契約を締結…コネクトカー技術 Response – 2017/3/23 – http://response.jp/article/2017/03/23/292508.html 記事で...

1 / 912345... >>