ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

NECは、生産現場のデータ収集・可視化、生産性とサプライチェーンの流れと品質工場を実現する「ものづくり見える化ソリューション」を発売する。同ソリューションは、NECの工場で採用し、生産プロセス改善のためのデータ分析時間を...

国際ロボット連盟(IFR)の調べによると、2015年の世界のロボット販売台数は24万8000台となった。14年の22万1000台にから12%増加し、これまでで最多。リーマンショック以降、世界的に自動化の大きな波が進んでお...

 三菱電機は、交通システム分野や電力システム分野の各種制御盤の増産体制構築のため、神戸地区(兵庫県神戸市)構内に建設していた制御盤新工場が竣工した。6月から稼働を開始しており、2020年までに同地区での売上高30%増を目...

改善は、現場の生産効率を上げるために重要な活動ですが、そもそも改善とは「何を目的として、どんなものなのか、どこをどうやればいいのか」といった定義をご存知ですか?そこで今回は、日本能率協会コンサルティングが提供している教材...

PCメーカーのマウスコンピュータが公開した動画が話題になっています。 同社の工場スタッフが「もしもロボットがいてくれたら」という歌を歌いながら「もしもロボットが仕事を代わりにやっていたら、自分たちはもっとラクできたのにな...

物質・材料研究機構と東北大学、フォックスコーポレーションは、低摩擦材料である酸化亜鉛(ZnO)をコーティングしたベアリングの開発に成功した。同製品はこれまでのベアリングに比べて摩擦係数は2/3に低減。長寿命につながるほか...

6月24日はUFOの日です。1947年にアメリカの実業家ケネス・アーノルドがオレゴン州の上空で“空飛ぶ円盤”を目撃したことにちなみ、UFOライブラリーが制定しました。 UFOライブラリーは、太平洋戦争で日本陸軍航空隊でレ...

地産地消は、最も効率が良い生産・消費の形だ。製造コストを最小限に抑え、ユーザーに早く届けることができる。製造業でも大企業を中心に、重点市場に近い場所での生産が進んでいる。 これまで日本は国内で作って海外で売るというビジネ...

かぜに対する特効薬を発明するとノーベル賞をもらえると言われます。それと同じくらい多くの人から望まれているのが「育毛剤」です。海藻や頭皮マッサージなど、色々な対策が出ていますが、特効薬とまでは至っていません。日本の最先端技...

現存しているバーコードシンボルの中でもっとも古いシンボルは、スタンダード(インダスリアル、ディスクリート)2 of 5である。これは、スペースを使用せず、バーのみでコード化したシンボルである。シンボルキャラクタは、5本の...

1932年の今日、治金学者の三島徳七が鉄・ニッケル・アルミニウムを主成分とする磁石「MK鋼」の特許を取得しました。 「MK鋼」は、合金を鋳造した後に摂氏600度以上で焼き戻すことでつくられ、当時“世界最強磁石”と謳われた...

高い信頼性 一次元シンボルは、バーをどこでも横切るようにスキャンさえすれば読み取ることができるので、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを逃げてスキャンすれば読み取れる。このシンプルな仕組みの冗長性が、バーコードの高...

252 / 264<<...102030...250251252253254...260... >>