Shuichiro Yoshida Ambassador

技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/

をまたいでの事業が当たり前になりつつある昨今、海外を相手に仕事をするということも珍しくありません。 巨大マーケットをもつ中国やインド、経済の中心地である北米、洗練された他国多人種の集まりである欧州など、ものづくり企業にと...

若手技術者を《評価》するにあたり、どのようなところに主眼をおいていますでしょうか。 実はこれを即答することは難しい場合が多いです。 理由として、「人の評価には技術者が得意な定量評価が困難である」というのが一因として挙げら...

技術報告書の大切さは何度も述べているので認識されてきてはいるのですが、そもそも書かせたものの内容の意味がわからない、つまり《難解》である というケースが非常に多いようです。 原因の一つとして真っ先に挙げられるのが、 「文...

同じ会社内でも異なる事業部がある場合、若手技術者のモチベーション低下を防ぐ施策の一つとして、技術者同士の交流を心がけてみてはいかがでしょうか。 日々、厳しい開発業務に従事しなくてはいけないことの多い技術者。 目の前の仕事...

技術というのは機密性の高いものが多く含まれます。 これらのデータのやり取りには細心の注意を払う、ということを若手技術者にはよく教育をする必要があります。 実は若手技術者はどこまでが機密でどこから先が機密でないのか、という...

若手技術者を指導していると、様々な場面で、「何で彼、彼女は私の助言を聴いてくれないんだろう」と思う事はないでしょうか。   口では、 「はい、わかりました」 と言っているのですが、心の奥底では、   ...

技術者を育成してあるべき姿に導くには個々人の個性を考慮しながら進める必要のある、非常に慎重さの求められる難しい仕事です。 この仕事を少しでも進めやすくするためには、「技術者指導者層がその見本を見せる」ということによって育...

実績を積んできた技術者育成者が得ることの多い、目立つ成果につながる仕事の機会。 これをできるだけ早い段階で若手技術者に回すことが、将来への投資となります。 技術者指導者層となっている技術者の方々は、その立場になるまでに高...

最近、海外出張中の20代社員が自殺をしてしまうという非常に痛ましいニュースが報道されていました。 企業側から従業員の両親に対して和解金が支払われるということですが、失われた命は戻るわけもなく、子を持つ同じ親としてご両親の...

技術者や研究者によくあるのが、「自分でやり切らないと気が済まない」という抱え込みの修正です。 特に個人プレーの多かった大学卒業から数年程度の若手技術者はこの傾向が強いのが一般的です。 彼らに必要なのは、「先陣に助言を求め...

今日のコラムでは技術者の育成の一環として遠隔での協業について述べてみたいと思います。 技術競争が激化する昨今、国内外問わず離れた企業や組織の間で協力して仕事を進める共同開発も珍しく無くなりました。 どうしても協業、技術で...

若手を中心に技術者は、「高い技術力で、他社を圧倒すべき」というスローガンを掲げがちです。 当然ながら不可能と言われたことを可能にできるコア技術を開発できれば、それは絶対的な競争力へとつながっていくでしょう。 ところが、そ...

1 / 612345... >>