ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

◆メルシャン、藤沢ワイン工場を刷新。多品種少量生産へ7億円投資 メルシャンは、神奈川県藤沢市にある藤沢ワイン工場について、7億円をかけて製造設備を刷新する。小容量やペットボトルなど多品種少量生産に対応した設備にするとのこ...

2016年6月8日〜10日の3日間、幕張メッセにて最新のICT技術やソリューションが集まる展示会「Interop Tokyo」が開催されました。 500社を超える企業が出展し、3日間での来場者は140,945人。最新製品...

6月13日は、はやぶさの日です。2010年6月13日に地球から約3億km離れた小惑星「イトカワ」に行った小惑星探査機「はやぶさ」が7年もの長い旅から帰ってきたことにちなんで2012年に制定されました。 「はやぶさ」は、2...

樹脂製品の表面に銀色の痕ができてしまう「シルバーストリーク」。 シルバーや銀条とも言われ、樹脂成形では悩ましい不良の一つです。 そんなシルバーストリークをどのように発生させないようにするか。 簡単にまとめました。 そもそ...

6月10日は、時の記念日です。1920年に当時の「生活改善同盟」による“日常生活を合理的にしよう”という提唱を受けて制定されたそうです。 なぜ6月10日なのか、話は飛鳥時代に遡ります。当時、天智天皇(中大兄皇子)が唐から...

溶けた樹脂材料を固めて作る樹脂成形。 装置全体を同じ温度で制御して、溶かした樹脂を金型へ均等に流し込み、それを冷やして固め、傷つけずに取り出すのは至難の技。ほんのわずかな差によってさまざまな不良が発生します。 樹脂成形の...

6月9日は、我が家のカギを見直す“ロック”の日です。家の防犯性能を見直し、向上させることを願って、日本ロックセキュリティ共同組合が制定しました。 最近の鍵といえば、“スマートロック”。スマホとペアリングさせ、Blueto...

大王製紙は、愛媛県四国中央市の川之江工場をリニューアルし、最新鋭の家庭紙生産設備の新設を実施する。設備投資額は210億円で、月産能力4500トン。稼働時期は2018年度中を予定している。 ≪概要≫ 生産品種 ティシュー、...

1902年の今日、フランスの気象学者レオン・ティスラン・ド・ボールが成層圏を発見しました。 「成層圏」とは、私たちが生活している地上から10km程度の「対流圏」と呼ばれる空気の層のさらに上の層のこと。地上から10km〜5...

大王製紙の子会社のエリエールプロダクトは、福島県いわき市に新規工場が完成したことを発表した。新工場は、鉄骨平屋3万3000平方メートル。東日本における紙おむつの生産拠点となる。 参考:大王製紙

今回取り上げるのは、第3回日本ものづくり大賞の海外展開部門で経産大臣賞を受賞したアイシンAWのAT(オートマチックトランスミッション)の製造ライン。中国工場でからくり仕掛けを導入して作業者の負担を軽減しながら、設備コスト...

◆日新電機ベトナム、装置部品第2工場を稼動開始 日新電機のグループ会社の日新電機ベトナムは、バクニン省ティエンソン工業団地に装置部品の第2工場を建設。稼働を開始した。同工場は1万697平方メートル、投資額は500万USド...

269 / 279<<...102030...267268269270271... >>