『トヨタ生産方式』の記事一覧 : 140件

前提条件を「あと3ヶ月しかない」としてネック工程への設備投資ができないとした。 結局、「現場の改善はなしでオペレーションだけでなんとかしよう」とした物語である。   <この工場の現状> ・各工程ではすべてロット...

誰にも聞けない「トヨタ生産方式」現場改善コーチが伝授します 【2】ジャストインタイムとは? 「ジャストインタイム」という言葉を良く聞きます。 「必要なものを必要な時に必要な量だけ作る」ことであることも知っていると思います...

まず手始めに、KGXという代表機種の部品で、W3とW4という2台の旋盤での部品の1個流しを考える。 代表機種の部品で、その2台で製作する点数は12点。   <1点ごとの作業> ①「製品の写真」「図面」「過去に計...

誰にも聞けない「トヨタ生産方式」現場改善コーチが伝授します 【1】トヨタ生産方式とは? トヨタ自動車が1945年ごろから、ずっと継続して改善を続けている生産方式です。 トヨタ生産方式の英訳はトヨタ・プロダクション・システ...

※この記事は2009年7月に執筆されたものです。 トヨタを人間に例えると、トヨタが30歳ごろ、私は入社した。 そしてトヨタが60歳になったころ、私はトヨタを退社した。 私がトヨタに入社する4年ほど前に、オイルショックが世...

※この記事は2009年7月7日に執筆されたものです。 今日7月7日は七夕だがあいにくの雨。 それどころか和歌山では大雨で大変な被害が出ているようだ。 旧暦でいえばこの七夕は8月上旬で、一年で最も天気の安定する時期だった。...

あるタイヤメーカーで、特殊なタイヤの外観検査をしたいのだが、検査台を設置するスペースがなく、その検査もその特殊なタイヤが流れてきた時だけ必要になる。 そこでリフトカーでいろいろな仕事をしている作業者にやらせることとし、そ...

①一番初めの異常警報ランプ(あんどん)の位置 (奥まっていて作業者に見えなかった) ②位置変更 (しかしまだまだすべての作業者に分からないと不評だった) ③さらに位置変更&サイレンを追加 (これでやっとすべての作業者に分...

「工場管理」誌(日刊工業新聞社刊)、昭和54年5月号の「多様化時代の第一線監督者像」という題での対談の中で、トヨタ自動車工業相談役の大野耐一氏は、「工場管理」誌記者の 「これから、トヨタ生産方式そのものも多種少量生産へ応...

世間には、他の会社を見学して、新しい合理化された方法を見学して、それを自分の工場の似たような仕事に応用して成果を上げると、大いに満足するものである。 だたし、この場合は、表面的な、know howのみをつかんだのであるた...

一生懸命勉強して大学へ入って、いい会社へ就職する。 そうするとホワイトカラーとなる。 かっこいい高層ビルのオフィスで一日中デスクワークとなる。 もうこれは棺桶へ足一本状態だと思った方がいい。 運動量が徹底的に少なくなって...

やるべきことはすべてこのように表示した。 私がつくって、すべて写真の劉君に中国語訳してもらったものだ。 <ライン化> ①1個流し化に向けて、ABC分析にて量産品の把握 ②対象量産品の工程系列図の作成 ③運搬が多い機械間を...

7 / 12<<...56789... >>