『トヨタ生産方式』の記事一覧 : 121件

先日、本社工場時代の先輩でその後もずっと本社工場に勤めていた方に電話をした。   先輩「あ、そうそう、今度俺工場変わったよ」 私「ええ? どうしてですか?」 先輩「だって本社工場なくなっちゃったもん」 私「ええ...

トヨタ生産方式において生産管理業務は非常に重要な位置を占める。 トヨタ生産方式の進展に伴って、生産管理業務はその内容を変化させなければならなかったし、生産管理業務自体も改善に次ぐ改善によりどんどんその内容を変化させてきた...

トヨタをやめてから、大企業でも生産工程の進化が非常に遅れている工場を多く見る機会に恵まれた。 機械工場でも、1つの機械にロットで製品を仕掛けている。   ということは製品に流れがなく滞留する。 ということは生産...

トヨタでは生産技術部が工場の生産ライン・生産設備をすべて設計・製作し、製造部に提供する(当然経理部からの予算取りもすべて生産技術部が行なう)。 製造部はそれに要員を投入して生産活動を行なう。生産技術部がメーカーで、製造部...

ある時期から係長昇格の条件に、英語の検定試験であるTOEICでB級をとらなければならないという方針が人事部から打ち出された。 私はもう既にその段階は超えてしまっていたからよかったが、若い社員連中には激震が走った。 TOE...

コンサルティングを始めて、地元の信用金庫の紹介である自動車部品の3次下請け会社を訪問したことがある。 現場を見せてもらったが、外国人の方が半分ぐらいいて、トヨタの目から見ると非常にゆっくりとした調子で作業していた。 見学...

トヨタ生産方式における運搬の納入は多ければ多いほどよい。なぜならラインと同じ状況になっていくためだ。さらにラインとラインがドッキングすれば運搬は消滅する。 この考え方でトヨタは突き進んできた。 トヨタは外注メーカーに部品...

今日あるクライアントと打ち合わせをした。この会社は日本で現代の匠が全て組立てて製品を完成させてしまっていた。 それが海外へ工場を進出させると同時に困難にぶち当たった。外国人に匠の技を伝授しなければならないのだ。 これは非...

トヨタ工場では工場持ち回りで毎月1回、製造トップの副社長以下の役員・各工場の部次長が出席し、2つの課の現場改善事例発表会が開催される。 「ええーー、そんな頻度で?」と驚かれるかもしれない。しかしトヨタは巨大企業で「課」の...

トヨタは1984年、GMと合弁会社をアメリカ西海岸のカリフォルニアに設立した。アメリカ大陸への初めての工場進出だ。 その際にいろいろなトヨタ用語を英訳する必要に迫られた。しかしこれが大変な作業だった。 最も重要な用語であ...

室町時代には、人が集まる都市といえば、まだ城下町はなく門前町が中心だった。 門前町は寺社への参拝客が多く集まるから町として栄える。そこで力を持ったのが寺社だ。 この中世では、多くの権力者が自分の土地へ勝手に関所を設け、そ...

私は本社工場の日程課(生産管理室の旧名)の担当者時代、期末たな卸し改善に命をかけていた。 期末たな卸しは本決算と中間決算の年2回ある。 生産ラインの横には部品棚がびっしり配置されている。そして全ての部品の棚における位置が...

9 / 11<<...7891011