伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

下請企業は取引先の多角化と自社製品(サービス)を目指して付加価値拡大を図る、という話です。 自社ブランド製品(サービス)を持って事業を展開していますか? 従来の下請型のモノづくりだけでは存続と成長は難しいです。 &nbs...

IoTのキモはICTの方ではなく、IoTで生かすべき情報の方にある、という話です。 現場でIoTを活かす時に必要なこと、イメージできますか? 製品を情報の束と考え、生産活動全般を情報資源と「転写」「変形」のシステムととら...

経営計画を羅針盤にして人工知能やロボットがもたらすインパクトを商売の機会とする、という話です。 人工知能やロボットは製造現場へ大きな変革をもたらしそうです。 この先、不確実性が高まっていく中、目指すべき方向を見失わないよ...

リアルの世界のデジタル化、つまり標準化を進め、フィードバックとフィードフォワードで情報を生かす、という話です。 現場のデジタル化(標準化)を進め、バーチャルの世界と融合させます。 作業者のデジタル化によってマスカスタマイ...

工場の全体最適化では生産リードタイムに注目したい、という話です。 生産指標のうちで、付加価値を拡大させることとつながり易い指標は何だろうか? 工場経営で持つべきイメージのひとつに「流れ」があります。   製品が...

現場を情報の流れで眺め、情報に着目し、標準化を進める、という話です。 現場の標準化を進める時には、何に着目すればイイだろうか? 生産活動は基本的に「転写」と「変形」の組み合わせで表現します。   情報の発信側と...

製品をメッセージの束、情報の束ととらえると、現場のIoTを上手く進めるヒントが得られる、という話です。 高付加価値化のために、顧客視点で「コト」に注目します。 新たな「コト」は既存の技術からでも「組み合わせること」で生ま...

三現主義はモノづくり現場のみならず、お客様視点で「コト」を創出ためにも有効な手段である、と言う話です。 高付加価値化で欠かせないのは、お客様視点であり、「コト」に着目することです。 「コト」を創出するということは、新たな...

付加価値拡大戦略では「キャッシュを増やす5つの正攻法」と販売戦略を組み合わせる、と言う話です。   1)まず、足元の現金を稼ぎ、 2)付加価値拡大戦略を立て、 3)販売戦略に基づいて検証し、 4)必要に応じて修...

コア技術を基に経営者の想いを実現させる技術ロードマップを作成し現場へ説明する、という話です。 技術ロードマップを作成するため、 1)理念の実現  2)コア技術 = 固有技術 + 管理技術 の2つの切り口で考えます。 &n...

工場運営で培った管理技術を活かして外部と連携を図り、リーダーシップを発揮しながら付加価値の拡大を図る、と言う話です。 技術には固有技術と管理技術があります。 固有技術に特徴がなくても管理技術を生かし付加価値を拡大させる戦...

「ほんとうのコア技術」を把握するためには顧客が評価している利便性や「コト」に焦点を当てる、と言う話です。 コア技術は、4つのステップで考えます。   1)お客様が評価している利便性やコトは? 2)やっぱりこだわ...

17 / 23<<...10...1516171819... >>