伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

貴社では、既存技術を生かして新たな付加価値を創出できますか? 1. 摩擦撹拌接合+切削加工 摩擦撹拌接合は摩擦熱で軟化した材料を攪拌して固相接合する技術です。 アルミ合金と鋼、アルミ合金と真鍮のように溶接では健全な接合が...

貴社の現場では、擦り合わせ力が発揮されていますか? 1. 自動車業界では機能と感性からの技術開発が求められる 技術開発で大切なのは、顧客へ提供する価値の見極めです。 商品で求められる仕様が、感性なのか、機能なのか、あるい...

貴社ではリードタイムをどのように短縮しますか? 1. 部分最適と全体最適 儲かる工場経営では蟻の目と鳥の目の使い分けが大切です。 部分最適ばかりではなく、全体最適へも配慮をします。   部分最適の判断基準には工...

製品や仕事に「誇り」を感じるために必要なものとは何でしょうか? 1. 日系企業のアジア海外工場でも製品の高付加価値化が進む 株式会社松井製作所は、プラスチック射出成形製造現場の合理化を支援する設備を製造販売しています。 ...

貴社の製品には、機能面のほかに、顧客へ提供している価値がありますか? 1. 自動車部品を開発していたころに経験したこと 技術の進歩や時代の流れと共に、顧客価値を見直す必要があるのを実感したことがあります。 ティア1として...

挑戦的な目標を掲げていますか? 1. 今後の4つの課題を実践している企業の事例 一橋大学名誉教授で明星大学教授の関満博氏は、4つの外部環境変化を挙げています。 国内の中小製造業は4つの構造転換の中に取り込まれているという...

貴社では外部環境に適応するため、適切な経営課題を設定していますか? 1. 4つの外部環境と4つの課題 日本の製造業の基底を形成している中小企業は現在、大きな構造転換の中にあります。 地域産業・中小企業論が専門の一橋大学名...

貴社の現場ではロボットや機械設備を使いこなしていますか? 1.従来の産業用ロボットは稼働させるまでに手間がかかる ロボットや自動搬送機などと組み合わさった生産設備では機械の動きが優先されます。 原則的に、作業者の動きは機...

現場では部分最適と全体最適の両方の視点をもっていますか? 1.鳥養氏の話:部分最適と全体最適 航空機業界では、国産機開発が話題に上るようになりました。小型旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)やホンダジェットです。 国...

貴社では、標準時間と生産性を見える化していますか? 1.IEの手法を磨き続けることは意味がある 仕事の評価は、2つの視点からなされるべきです。 “時間”と“価値”です。 仕事の特性に合った視点を選択する必要があります。 ...

動作研究では、現場作業者の動作だけでなく、モーションマインドのような心にも注目すべきである、という話です。 1.作業者レベルの「要素動作」と「動作」 「人」視点のIEでは、現状分析のためにカイゼン対象を鳥の目でとらえ生産...

連合作業では、機械の動きに人が合わせている状況にあることを連合作業分析によって知らされる、という話です。 1.カイゼン対象が付加価値作業の時は連合作業分析 「人」視点のIEでカイゼン対象が生産工程の場合、現状を把握するた...

15 / 25<<...10...1314151617...20... >>