ものづくりニュース by aperza

『トヨタ』の記事一覧 : 142件

トヨタ生産方式において生産管理業務は非常に重要な位置を占める。 トヨタ生産方式の進展に伴って、生産管理業務はその内容を変化させなければならなかったし、生産管理業務自体も改善に次ぐ改善によりどんどんその内容を変化させてきた...

トヨタ生産方式の究極の目標は車が1台1台完成するのと同じタイミングで、すべての工程がそれぞれの車に必要な部品を1つ1つ造っていける状態にすることだ。 こうなれば不要な工程内在庫は1つもなくなり、生産リードタイムは最短にな...

源流の設計から変えなければならない 設計者が何の制約もなく好きなように設計しても、職人がカンコツで神業のように組み立ててしまう。これでは誰でもがすぐに組み立てられることが前提のライン化はできない。 設計者は、例えば位置決...

トヨタの標準作業とは単なる作業手順書ではない。 作業者にサイクリックな作業をさせて、その1サイクルについて秒単位に作業内容を記入するものだ。この1サイクルごとに車が完成し、世の中に出発していく。 ここで重要なのが作業者に...

工場の将来に不安を感じるのは、外部環境の先行きが見通せないからだけでなく、工場の“今”について十分に把握できていないから、という話です。 1.トヨタが本気でAIに取り組もうとしている 製造業でAIを活用する動きが加速され...

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」の各頭の子音のSをとって4Sということはよく知られていると思う。 「それぞれの具体的の意味を言いなさい」と言われれば、「清掃」「清潔」は読んで字のごとくで分かりそうだが、「整理」「整頓」が...

消しゴム トヨタの本社工場時代の話。 事務用消耗品の消しゴムは長方形をしている。当時、その消しゴムを半分に切って必要な人に配布していた。 ある人がこんなことを言った。   「消しゴムを使っていると最後には丸く小...

トヨタは設備が何かトラブルを感知したら自動的に止まり、あんどんが点灯して人を呼ぶというしくみがすべての工程で行なわれている。 また数え切れないぐらいの設備で刃具交換とか、定期的な品質チェックなど人の作業が必要になった場合...

トヨタで改善で動作分析をする際には、徹底的に分析することを教えられた。 その際の具体的事例として次のような話があったので紹介したい。すこし尾籠な部分もあるがまじめな話なのでお付き合い願いたい。 ウォシュレットのない時代の...

以前の西枇杷島の水害、今回の中越沖地震などで部品メーカーが被災したがその場合、自動車メーカーの工場で真っ先に稼働できなくなったのはトヨタだ。 これはすべての工程に不要な在庫が一切ないという証明であり製造業としては誇るべき...

トヨタでこんな話を聞いた。 南米から観賞用の魚を船で日本まで輸送するのだが、どんなに水温などを調節していても、赤道を越える長旅のためか多くの魚が死んでしまったとのことだった。 そこで餌を十分に与えたピラニアを同じ水槽に入...

トヨタは改善をし続けている。 今日の現場は明日には姿が変わっているかもしれない。このような会社だと平社員から役員トップまで誰かが改善するのを待っており、よい提案があれば、即採用し提案者をほめる。 全員が正しいと思うことの...

1 / 1212345...10... >>