ものづくりニュース by aperza

『トヨタ』の記事一覧 : 138件

工場の将来に不安を感じるのは、外部環境の先行きが見通せないからだけでなく、工場の“今”について十分に把握できていないから、という話です。 1.トヨタが本気でAIに取り組もうとしている 製造業でAIを活用する動きが加速され...

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」の各頭の子音のSをとって4Sということはよく知られていると思う。 「それぞれの具体的の意味を言いなさい」と言われれば、「清掃」「清潔」は読んで字のごとくで分かりそうだが、「整理」「整頓」が...

消しゴム トヨタの本社工場時代の話。 事務用消耗品の消しゴムは長方形をしている。当時、その消しゴムを半分に切って必要な人に配布していた。 ある人がこんなことを言った。   「消しゴムを使っていると最後には丸く小...

トヨタは設備が何かトラブルを感知したら自動的に止まり、あんどんが点灯して人を呼ぶというしくみがすべての工程で行なわれている。 また数え切れないぐらいの設備で刃具交換とか、定期的な品質チェックなど人の作業が必要になった場合...

トヨタで改善で動作分析をする際には、徹底的に分析することを教えられた。 その際の具体的事例として次のような話があったので紹介したい。すこし尾籠な部分もあるがまじめな話なのでお付き合い願いたい。 ウォシュレットのない時代の...

以前の西枇杷島の水害、今回の中越沖地震などで部品メーカーが被災したがその場合、自動車メーカーの工場で真っ先に稼働できなくなったのはトヨタだ。 これはすべての工程に不要な在庫が一切ないという証明であり製造業としては誇るべき...

トヨタでこんな話を聞いた。 南米から観賞用の魚を船で日本まで輸送するのだが、どんなに水温などを調節していても、赤道を越える長旅のためか多くの魚が死んでしまったとのことだった。 そこで餌を十分に与えたピラニアを同じ水槽に入...

トヨタは改善をし続けている。 今日の現場は明日には姿が変わっているかもしれない。このような会社だと平社員から役員トップまで誰かが改善するのを待っており、よい提案があれば、即採用し提案者をほめる。 全員が正しいと思うことの...

トヨタのエンジン工場の加工現場で40年勤められ、もうすぐ定年を迎えられるⅠさんからこんな話を聞いた。   「トヨタの現場の人間は自分の仕事にすごいプライドを持っている。私もそうだった。 私も若かったある日、駆け...

user name

MONOist

2016/11/7
IT media

 トヨタ自動車は、2016年11月1日に東京都内で報道陣向けに開催した「コネクティッド戦略説明会」において、カーシェアを容易に行えるようにするデバイス「スマートキーボックス(SKB)」を披露した。 トヨタ自動車の「SKB...

 これは電気自動車なのか、それともハイブリッド車なのか。しかし内部の構造はどちらとも違う。日産自動車が11月2日に発売した「NOTE e-POWER」は従来の5人乗りガソリン車「NOTE」と外観が同じだが、ガソリンエンジ...

エンジンは発電のみ、駆動力はモーターでまかなうシステム「e-POWER(eパワー)」(クリックして拡大)  日産自動車は2016年11月2日、コンパクトカー「ノート」を一部改良し、ハイブリッドモデルを追加すると発表した。...

1 / 1212345...10... >>