『トヨタ』の記事一覧 : 173件

私がトヨタへ入社した当時の工場の帽子には工夫がいっぱい詰まっていた。 ツバは小さく、帽子の生地も、薄いが丈夫だった。 工場での帽子の必要性を考えてみると次のようになる。   ①髪の毛の機械への巻き込みの防止 ②...

会社は利益の一部を株主の配当金に回す。 通常、1株あたりの配当金の100倍が1株の時価金額になる。 1株1000円の株なら、1年間に10円を配当金として受け取れることになる。年1%の配当と言ってもよい。   銀...

あなた一人で、手抜きでできる『「ムダ」を楽と楽しさに変える楽々改善』 トヨタの「7つのムダ」 トヨタ自動車では、ムダを7つに整理されています。 ネットで「7つのムダ」と検索すると、実にたくさん出て来ます。 それほど、うま...

2月25日から29日まで、韓国へコンサルティングに行って来た。先月から開始して今回2回目の訪問となる。 昼間は工場の各部署を点検して、夜ホテルに帰ってからはその日の講評をまとめなければならない。 その日のことは、その日の...

トヨタの工場でもラインストップは日常茶飯事だ。 少しの時間のラインストップは「チョコッとだけ停止する」ということで、「チョコ停」と呼んでいた。 1つ1つのチョ停では、全体のライン運営に直接害は及ぼさない。   ...

1982年に トヨタ自動車工業株式会社と トヨタ自動車販売株式会社が合併して トヨタ自動車株式会社となった。   私はその4年前の1978年に自工の方へ入社した。 合併時には豊田市本社の経理部資金課に在籍してい...

あなた一人で、手抜きでできる『「ムダ」を楽と楽しさに変える楽々改善』 まえがき あなたの周りに「ムダ」がありますね。 職場にも、家の中にも、街にも、様々な「ムダ」があります。この「ムダ」について、まじめに研究してみたいと...

私は昭和53年4月にトヨタ自動車工業に入社し、工場実習・販売実習・座学などの研修を7ヶ月間やったあと、11月に人事部に配属された。 配属の日の終業後、人事部へ配属された同期10名が会議室に召集された。 何事かと思って行っ...

トヨタ生産方式において生産管理業務は非常に重要な位置を占める。 トヨタ生産方式の進展に伴って、生産管理業務はその内容を変化させなければならなかったし、生産管理業務自体も改善に次ぐ改善によりどんどんその内容を変化させてきた...

トヨタ生産方式の究極の目標は車が1台1台完成するのと同じタイミングで、すべての工程がそれぞれの車に必要な部品を1つ1つ造っていける状態にすることだ。 こうなれば不要な工程内在庫は1つもなくなり、生産リードタイムは最短にな...

源流の設計から変えなければならない 設計者が何の制約もなく好きなように設計しても、職人がカンコツで神業のように組み立ててしまう。これでは誰でもがすぐに組み立てられることが前提のライン化はできない。 設計者は、例えば位置決...

トヨタの標準作業とは単なる作業手順書ではない。 作業者にサイクリックな作業をさせて、その1サイクルについて秒単位に作業内容を記入するものだ。この1サイクルごとに車が完成し、世の中に出発していく。 ここで重要なのが作業者に...

3 / 1512345...10... >>