kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

JEITA(電子情報技術産業協会)は、CPS/IoT社会実装による新ビジネス創出に向け「JEITAベンチャー賞」を創設し、第1回「JEITAベンチャー賞」の受賞企業8社を決定した。 JEITAベンチャー賞は、電子情報技術...

NI(ナショナルインスツルメンツ)は、Industrial Internet Consortium (IIC)と業界リーダー各社(Bosch Rexroth、Cisco、Intel、KUKA、Schneider Elec...

東芝は、製造業における”ものづくり”を変革する「次世代ものづくりソリューション」を2016年4月から販売する。ものづくりの現場のIoTデータの収集・蓄積・活用を支援するソリューションで、エッジからクラウドまでのIoT/I...

一昨年か昨年あたりから、日本の製造業ではインダストリー4.0が話題を集めています。 インダストリー4.0関連書籍もたくさん出ていて、どれから読めばいいのか迷ってしまいます。 そこで、 【インダストリー4.0関連書籍ランキ...

経済産業省が毎年6月に発行している「ものづくり白書」。 皆さまは目を通したことがありますか? 日本の製造業の課題や最新トレンドがうまくまとまっていて、 毎年追いかけることで、製造業の移り変わりが分かりますよ。  ...

ドイツポストDHLグループは、物流業界におけるロボットの動向調査報告書を発表した。そのなかで、物流業界では、すでに物流施設で協働ロボットが必要不可欠な存在になるステージに到達しつつあり、近い将来ピッキングや梱包、庫内運搬...

ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、「IoT分野でビジネス拡大を狙う企業をつなぐハブとなる」ことを目指し、従来の枠組みを超えたIoT利活用の早期実現を支援する場として「ユ...

IDC Japanによると、今後の国内のIoT市場は2020年までに年間平均16.9%の成長率で伸長し、13.8兆円に達すると予想している。15年は前年比15.2%増の6兆2232億円で、これが20年までに倍増する見込み...

2016年3月10日、東京虎ノ門ヒルズで、IVI主催による公開シンポジウム「IVI公開シンポジウム2016-Spring-日本のものづくりの未来を拓く!」が開催されました。450人の満席で、一部では立ち見が出るほどに盛況...

「PTC Creo」「PTC Windchill」など各種ソリューションをそろえ、3DCADやPLMの世界トップメーカーとして製品の設計データを作る設計開発工程から生産、サービスまで一連の工程を支えているPTCジャパン。...

ERP世界最大手で、大企業の9割近くが同社のソフトを使っているというヨーロッパ最大のソフトウェア企業の独・SAP。自動車や電子機器、産業機械など組み立て系の製造業に強く、インダストリー4.0の主要プレイヤーとして注目され...

2010年に著書「スマート・ファクトリー戦略的『工場マネジメント』の処方箋」を出版し、「スマート・ファクトリー」という言葉を日本語として初めて使い、工場のネットワーク化を提唱したのがエイムネクスト(東京都港区芝1-10-...

85 / 89<<...102030...8384858687... >>