kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

外国人に折り紙で鶴を折ってあげると、彼らは決まって「Excelent!」や「Awesome!」と言ってとても喜びます。折り紙は、日本人の手先の器用さを表す定番中の定番。なんて思っていたら、今度は折り紙を器用に折るロボット...

片手だけで作業をしていたらもったいない。両手を使えばもっと生産効率は上がります。ということで、電池の品質検査工程において、片手から両手を使うようにと作業のやり方を変えたことで効率が上がった事例をご紹介します。 ■カイゼン...

設備の稼働効率を上げるには、段取り替えにかかる時間を1秒でも減らすことがポイント。段取り替えでは、工具や治具を変える際のボルトの開け締めに結構時間が取られます。「それならボルトを使わずに締結すれば良いのでは」ということで...

単純作業である「製品の選別」の生産性について、人間はどう足掻いてもロボットには敵いません。とは言え、すべての現場でロボットや自働機を入れられる訳ではありません。導入コストやティーチングの手間、現場全体の作業を考えると、ま...

せっかく良いカイゼン方法を思いついても、それを実現するのに高コストがかかってしまっては元も子もありません。そこで今回は、100円ショップで買えるものを使って、現場の整理整頓、5Sに成功した事例をご紹介します。 ※動画が見...

いまや中国は世界最大のロボット大国である。 2015年の世界のロボット販売台数24万8000台のうち、中国で販売されたのは6万7000台強。2位の韓国と日本は3万5000強台で、中国がダントツの1位となっている。さらに、...

良いものは真似て、自社に取り込んでいくのが最も賢く、効率の良い方法です。そこで、世に公開されている改善事例から、そのエッセンスを抜き出して紹介します。 今回は、YoutubeのJVTチャンネル「働く人によりそうカイゼン」...

第4次産業革命によって日本の製造業はどう変わるのか?経済産業省が60秒で解説してくれています。そちらを元に、日本のものづくりが伸ばすべきところを見ていきましょう。 ■そもそも日本はIoTをどう活用している? これは201...

第4次産業革命、インダストリー4.0という言葉はだいぶ浸透してきましたが、いまだにその中身、全貌、狙いが分からないという声をよく聞きます。そんな方にはこんな動画はいかがでしょう? インダストリー4.0の本場ドイツのドイツ...

NECのパソコン生産の国内拠点であるNEC米沢工場は、グローバルSCMのマザーファクトリーとしてRFIDやIoT技術を活用した最先端のものづくりが行われています。ここでは製造現場と上位システムがネットワークでつながり、さ...

 三菱電機は、交通システム分野や電力システム分野の各種制御盤の増産体制構築のため、神戸地区(兵庫県神戸市)構内に建設していた制御盤新工場が竣工した。6月から稼働を開始しており、2020年までに同地区での売上高30%増を目...

改善は、現場の生産効率を上げるために重要な活動ですが、そもそも改善とは「何を目的として、どんなものなのか、どこをどうやればいいのか」といった定義をご存知ですか?そこで今回は、日本能率協会コンサルティングが提供している教材...

85 / 94<<...102030...8384858687...90... >>