kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

ドイツのインダストリー4.0を推進する団体であるPlattform Industrie 4.0と、アメリカのインダストリアルインターネットを推進するIIC(Industrial Internet Consortium)は...

ドイツのインダストリー4.0を推進する団体であるPlattform Industrie 4.0と、GEやシスコシステムズなどアメリカのインダストリアルインターネットを推進するIIC(Industrial Internet...

「自社にロボットを導入したいがどうすればいいか分からない」「本当にロボットを使えば生産効率が上がるのか?」中小企業にとってロボット導入はハードルが高く、各社が対応に二の足を踏んでいるのが実態だ。そんななか、さがみはら産業...

オムロンは「製造業のための製造業」とも呼ばれるように、各種自動化設備、装置向けのFA機器を製造販売しているが、自社製品のほとんどはファブレスではなく日本を含めた世界5極に生産拠点を構え、製品を製造している。その中でも綾部...

「スモールスタート」という言葉がある。その字面の通り「小さく始める」という意味で、新たな事業やプロジェクトを立ち上げる際は、機能やサービスを限定してはじめ、後に需要に合わせて規模を拡大していくことである。始めるまでのハー...

IoTやインダストリー4.0で高度化された工場、スマートファクトリーに向け、生産装置として産業用ロボットが多く採用される一方、搬送工程はいまだに「一定速度で一方向に流すだけ」のコンベアが主流。大量生産時代から考え方が変わ...

岡村製作所は、ノルウェー・Jakob Hatteland Computerのロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」を、ニトリグループの物流を担うホームロジスティクス(東京都北区、松浦学代表取締役...

IoTは安定した通信の上に成り立つ。しかし電波は各国固有の財産で、通信環境の整備も国によってさまざま。グローバルでIoTを展開する際には、安定した通信環境の確保が重要となる。英・ボーダフォン・グループは、世界規模で広がる...

有線から無線へ。IoTやM2Mの進展で工場など産業インフラでも無線ネットワークの導入が加速している。その契機となったのが2012年に開放された920MHz帯だ。遠くまで電波が飛び、ノイズや障害にも強いため、産業用ネットワ...

富士通は、5月19日(木)と20日(金)の2日間、東京国際フォーラムで、「富士通フォーラム2016」を開催する。今年のテーマは「Human Centric Innovation – Driving Digit...

オムロン株式会社は、オムロンアデプトテクノロジーズ社の産業用ロボット3カテゴリー49モデルを2016年4月1日から世界39カ国150拠点で一斉に発売する。今回の産業用ロボットの発売にともない、オムロンは、ロボットと視覚セ...

ICTを活用した感動・安心の品質保証について議論する 「第102回品質管理シンポジウム」を6月2日~4日に開催 ~経済産業省局長やトヨタ自動車役員らが登壇~ 日本科学技術連盟は、「感動と安心への品質創造と品質保証~ICT...

90 / 95<<...102030...8889909192... >>