伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

三現主義はモノづくり現場のみならず、お客様視点で「コト」を創出ためにも有効な手段である、と言う話です。 高付加価値化で欠かせないのは、お客様視点であり、「コト」に着目することです。 「コト」を創出するということは、新たな...

付加価値拡大戦略では「キャッシュを増やす5つの正攻法」と販売戦略を組み合わせる、と言う話です。   1)まず、足元の現金を稼ぎ、 2)付加価値拡大戦略を立て、 3)販売戦略に基づいて検証し、 4)必要に応じて修...

コア技術を基に経営者の想いを実現させる技術ロードマップを作成し現場へ説明する、という話です。 技術ロードマップを作成するため、 1)理念の実現  2)コア技術 = 固有技術 + 管理技術 の2つの切り口で考えます。 &n...

工場運営で培った管理技術を活かして外部と連携を図り、リーダーシップを発揮しながら付加価値の拡大を図る、と言う話です。 技術には固有技術と管理技術があります。 固有技術に特徴がなくても管理技術を生かし付加価値を拡大させる戦...

「ほんとうのコア技術」を把握するためには顧客が評価している利便性や「コト」に焦点を当てる、と言う話です。 コア技術は、4つのステップで考えます。   1)お客様が評価している利便性やコトは? 2)やっぱりこだわ...

限度見本と限度緩和は、品質を見つめ直す絶好の機会になる、という話です。 現場の困りごとを品質管理のアプローチで解決することはありますか? 2つの困った状況に着目します。   仕様が不明確で、現場は自主的に決めた...

新たな技術を導入する時は、その技術が付加価値拡大のためにどう貢献できるか事前に考える、と言う話です。 ウェアラブル・デバイスのような新たな技術の導入を検討したことがありますか? 技術導入にあたっては、事前に狙いと目的をは...

標準化で注目するのは作業時間、作業の流れ、仕掛品の3つである、という話です。 標準化すべき項目はハッキリしていますか? サイクルタイム、作業順序、標準手待ちの3つを見える化します。   サイクルタイムは生産計画...

日々の進捗管理をしながらイノベーションの土台となる情報的経営資源を蓄積する、と言う話です。 日々の進捗管理では、問題を解決する仕組みも構築していますか?   日々の進捗管理で現場の問題点を顕在化させます。 問題...

日々の進捗管理では現場が主役。 一目でわかる進捗図と、顔を突き合わせて情報交換する場を準備したい、という話です。 日々の生産活動をフォローする仕組みが現場にありますか?   進捗状況を口頭のみで伝えても、情報共...

生産性を向上させるためにも標準化という作業は欠かせない、という話です。   生産性を向上させるためにも必要な標準化を進めていますか? 生産性を向上させる3つの要因のうち生産方式効率と作業能率では、標準時間を設定...

進捗管理では、まずは、精度が高い生産計画を立てることに知恵を絞る、という話です。 進捗管理をするために欠かせないモノとは何でしょうか? 大日程計画、中日程計画では、事前に大きな問題をつぶします。 小日程計画では、生産形態...

20 / 25<<...10...1819202122... >>