伊藤 哉 Ambassador

製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)

自動車業界における欧州のような高級品市場がある一定規模存在するトコロに高く買ってもらいコア技術開発のサイクルを回し続ける、という話です。 1. 車体の軽量化がますます求められる自動車業界 自動車業界ではますます厳しくなる...

昨今、市場は成熟化を迎えているが、モノづくりの本質は今も昔も変わらず価値をお客様に届けることにあると考え知恵を絞り続ける、という話です。 1. モノを造れば売れる時代は過ぎ去り今は成熟化の時代 価格比較サイトを運営する株...

生産計画や生産工程の逆問題をAIで解いてもらって現場管理者は創造性の高い業務に専念する、という話です。 1. 新材料開発は先端技術のみでは進まない 最近は、人工知能(AI)の話題を毎日何らかのメディアで目にします。 新聞...

貴社で、従来品ベースの新製品を、新たな市場で販売したことはありますか? 1. 付加価値拡大戦略で売上高増を目指す新規事業開発 付加価値を創出し拡大する戦略は2つです。 売上高を増やす 変動費を減らす どちらかです。 &n...

貴社が持っている現場力や技術力は稼ぐ力につながっていますか? 1. 国内製造業が抱える問題点 国内の製造業を管轄する経済産業省製造産業局長の糟谷敏秀氏は、次のように語っています。 「現場の強みとか技術力が付加価値につなが...

イノベーションのみの取り組みでは技術水準が劣化することに、貴社はお気付きでしょうか? 1. イノベーション 付加価値を創出、拡大させにはイノベーションが必要です。 イノベーションは飛躍的です。 従来業務の延長線上には、イ...

貴社では、現場の「今」を把握する仕組みが整備されていますか? 1. 日本の企業に今こそ変革が必要 国内製造業を管轄する経済産業省製造産業局長の糟谷敏秀氏は、国内製造業に変革が必要だと主張しています。 「現場の強みとか技術...

貴社の現場では、マテリアルハンドリングがどれだけ発生しているか把握していますか? 1. 付加価値を生み出さないマテリアルハンドリング 生産とは素材などの低価値の経済財を投入して、より高価値の財に変換する行為のことです。 ...

貴社では、既存技術を生かして新たな付加価値を創出できますか? 1. 摩擦撹拌接合+切削加工 摩擦撹拌接合は摩擦熱で軟化した材料を攪拌して固相接合する技術です。 アルミ合金と鋼、アルミ合金と真鍮のように溶接では健全な接合が...

貴社の現場では、擦り合わせ力が発揮されていますか? 1. 自動車業界では機能と感性からの技術開発が求められる 技術開発で大切なのは、顧客へ提供する価値の見極めです。 商品で求められる仕様が、感性なのか、機能なのか、あるい...

貴社ではリードタイムをどのように短縮しますか? 1. 部分最適と全体最適 儲かる工場経営では蟻の目と鳥の目の使い分けが大切です。 部分最適ばかりではなく、全体最適へも配慮をします。   部分最適の判断基準には工...

製品や仕事に「誇り」を感じるために必要なものとは何でしょうか? 1. 日系企業のアジア海外工場でも製品の高付加価値化が進む 株式会社松井製作所は、プラスチック射出成形製造現場の合理化を支援する設備を製造販売しています。 ...

14 / 24<<...1213141516...20... >>