『製造業』の記事一覧 : 162件

先回はアメリカの話をしましたが、その結果日本はどうなっているのでしょうか?   アイリスオーヤマの大山健太郎社長は、このような時代ではこれまでのマーケットインのスタンスでは対応しきれず、個別ユーザーが持つ潜在需...

先回お話したこれからの時代にはいろいろな名前がついているようです。   アメリカでは? この状況を指し示す言葉として英語ではマスカスタマイゼーション(mass customization)という言葉が生まれてき...

商品・製品を完結して製造できる技術は、最終顧客がその価値を認めるとそれ自体から付加価値を生む可能性がある、という話です。   1.アナログレコードの需要が伸びている   アナログレコードの販売量がここ...

5Sを楽に楽しくコーチしましょう!!現場改善コーチが伝授します 【9】5S改善を通して会社間の交流を行う 社内で5S改善の教育が、どんどん進むことはとても良いことです。 しかし、進めていくうちに、どうしても5S改善の実践...

マーケットは機能品質だけでは勝てない時代になったようです。 どうなるのでしょうか?!   しかしこれからは機能品質が良いことを当然の前提とした魅力品質で勝負をする時代になり、顧客ニーズを発掘するところから競争が...

温故知新という言葉は、技術イノベーションにも当てはまるという話です。   1.ホンダが開発した世界最軽量AL製サブフレーム   「人とくるまのテクノロジー展」という展示会が、毎年、初夏の横浜で開催され...

今週からはマーケットとモノづくりの変化に付いてお話を始めます。   日本の製造業は、これまで力を発揮してきた5Sやムダ取り、不良低減、あるいは生産リードタイム短縮などの改善だけでは生き残れない時代になった。 &...

先回は世の中の変化として見える部分を書きましたが、今回は見えない市場とモノづくりの変化に付いて書いてみます。   しかしここまで述べてきたことだけでは済まされない。 市場そのものが大きく変化しており、その結果モ...

絞り込むことで目的が明確になる。現場の主役はこれからも人であるとの明確なコンセプトを持てばICTを導入する目的もはっきりする、という話です。   1.道具を使いこなすには目的が必要   モノづくりに知...

5Sを楽に楽しくコーチしましょう!!現場改善コーチが伝授します 【6】5S改善のための知識とは? 5S改善が好きになってもらうために、最低限の知識が必要です。 実践を行う前に、長々と座学で勉強するのは、あまり感心しません...

毎日寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私はうがいと手洗いを頻繁にすることで風邪対策をしています。 では先回の「一体何が起きたのだろうか?」からの続きです。   一体何が起きたのだろうか? &n...

現場への一声は現場からの情報収集のみではなく、現場が不安や心配を払拭し、仕事へ集中するのを促すことができる、という話です。   1.一声(ひとこえ)の効果   仕事の結果に加えてプロセスを評価すること...

3 / 1412345...10... >>