ものづくりニュース by aperza

『人工知能』の記事一覧 : 90件

人工知能(AI)やロボットを使う側になって、現場を作業から解放し創造性の高い業務へ導く、という話です。 今の現場の仕事は人工知能(AI)やロボットに奪われませんか? 現場で人工知能やロボットを活用するスキルを身につけさせ...

経営計画を羅針盤にして人工知能やロボットがもたらすインパクトを商売の機会とする、という話です。 人工知能やロボットは製造現場へ大きな変革をもたらしそうです。 この先、不確実性が高まっていく中、目指すべき方向を見失わないよ...

今話題の人工知能とは何なのでしょうか? 言うまでもなく、人工知能はソフトウェアプログラムです。通常のソフトウェアは人間がプログラムをした通りにしか動きません。 一方、人工知能は「学習」という行動を通して、動きを柔軟に変え...

エンジニアのためのキャリア応援マガジン『fabcross for エンジニア』は、20~59歳の製造系エンジニア267人を対象に、「人工知能(AI)」に関するアンケート調査を行った。 現時点で最も実用的なAI活用は「自動...

コンピュータ・インターネットが主役の第3次産業革命を思い出すと、それがいつから始まったのかよくわかりません。 そして気がつくとインターネットが中心の世界になり、グーグル、マイクロソフト、アップル、フェイスブックのような巨...

世界最大の見本市であるドイツ・ハノーバメッセ2016が、4月29日に5日間の会期を終え閉幕した。 25日の開幕式にオバマ大統領とメルケル首相が演説し、『両国がIoT/インダストリー4.0で積極的に連携する』と衝撃的な表明...

2016年になって一般社会で、人工知能が突然注目されはじめた。 囲碁勝負で、人工知能のAlphaGoが人間を破った報道がキッカケとなり、世界中で人工知能が話題となっている。 最近では、人工知能に言及する政治家も多く、日本...

千代田化工建設株式会社(本社:横浜市、代表取締役社長:澁谷 省吾)と株式会社グリッド(本社:東京都、代表取締役社長:中村 秀樹、以下「グリッド」)は、プラントのライフサイクルの設計から調達、施工、試運転、運転、保全まで含...

人工知能が東大に合格する日が目前に迫っている。 今の 人工知能レベルは、偏差値47。全国の80%の私大に合格できるレベルに到達したそうである。ニューラルネットによる「新たなる進化」や「複雑なコトバを操る」人工知能開発も急...

user name

MONOist

2016/11/7
IT media

 三菱電機は2016年10月14日、車載機器や産業用ロボットなどの組み込み機器上で動作可能な「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発したと発表した。  ディープラーニングでは、高度な推論処理が可能だ。既に知って...

 General Motors(GM)とIBMは2016年10月16日(現地時間)、車載情報機器プラットフォーム「OnStar」の次世代版となる「OnStar Go」を共同開発すると発表した。具体的には、人工知能「Wat...

 NECは、ユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」(2016年11月1〜2日、東京国際フォーラム)において、「AI活用味覚予測サービス」のデモンストレーションを披露した。人工知能(AI)が出題す...

1 / 812345... >>