『インダストリー4.0』の記事一覧 : 312件

中国経済の異変が伝えられている。 6月以降の上海総合株価の暴落に続き、中国政府の一方的な通貨切り下げ報道が世界を駆け巡った。 日本をはじめ、夏休み真っ只中の欧州でもこの事実には敏感に反応し、世界中の報道機関によって『中国...

▼2018年1月開催の「第2回 スマート工場 EXPO」の情報はこちらで!   2017年1月18日〜1月20日に東京ビッグサイトで開催された「第1回 スマート工場 EXPO」。IoT、FA機器、省エネなど、ス...

日本の中小製造業・町工場のお家芸である『多品種少量生産・短納期生産』が、世界の潮流となってきた。 インダストリー4.0(I4.0)やインダストリアル・インターネットも、『究極の多品種少量生産システム』を目指しているのは明...

ニュース等で聞く機会が多くなった第4次産業革命。言葉は知っていてもその中身はよく分からない、色んな場所で意味が曖昧なまま使われて理解が難しいなんて言われます。 とは言え、ここまで言葉が浸透して一般的に使われ始めると、いま...

IoT(モノのインターネット)に注目が集まっている。 2015年5月28日にNHKが『クローズアップ現代』でIoTを取り上げ、コマツやアメリカのGEの取り組みや、ドイツ政府による「インダストリー4.0」を放映した。 放映...

第四次産業革命(インダストリー4.0)という『現代の黒船』が日本にやってきた。 米国GEのインダストリアル・インターネットにも刺激され、日本でもこれらの動きを組織的に進める団体が活動を開始した。 このポイントは、『つなが...

1964年にIBMがメインフレームSystem/360を発売してから、半世紀が経過した。 オペレーションシステムを搭載したこのマシンがキッカケでComputerが一般社会に台頭したが、当時の日本でのComputer概念は...

昨年に製造業界のイノベーションとして注目された話題は、第4次産業革命『インダストリー4.0 (I4.0)』であった。 専門紙や業界雑誌の記事に加え、欧州メーカの宣伝報道も積極的であり、インターネット上でも盛んに取り上げら...

ドイツにおけるインダストリー4.0は、第1回で述べた内容のとおりである。インダストリー4.0の良い要素も活かしつつ、日本の強みを活かしていくことが大切である。 改めて考えると、日本のものづくりには大きく3つの強さがある。...

インターネット時代の今日、スマートフォン(スマホ)の普及に想像を絶する“破壊的イノベーション”を感じるのは私だけではないはずである。   スマホで急成長を遂げている中国の「小米科技(シャオミ)」を知らない人は少...

インダストリー4.0とは ご存知のように「インダストリー4.0」とは、ドイツが製造業を中心とし、国策として打ち出しているモノ、データ、サービスのすべてがインターネットでつながる世界へと導くコンセプトである。 現時点ではま...

設備と設備、現場と事務所、工場と工場をネットワークでつなぎ、マスカスタマイズや短納期、高品質な製造を実現するインダストリー4.0。それを実現している工場といえば、シーメンスの独・アンベルク工場やハーレーダビッドソンの米・...

3 / 2612345...1020... >>