『インダストリー4.0』の記事一覧 : 312件

IoTとAIを組み合わせると最終的に自己完結型の設備が出来上がる。 時間で評価される単純作業の要素が減り、プロセスや結果で評価される創造性ある業務が増える。 経営者が現場の仕事を意図や意思を持って「変える「ことが求められ...

ドイツのインダストリー4.0、アメリカのインダストリアルインターネット、日本のコネクテッドインダストリーズ、中国の中国製造2025など、世界の主要な製造強国が国策として第4次産業革命を推進している。一方、世界の工場たるA...

独・フエニックス・コンタクトと、ドイツメッセ・テクノロジーアカデミー(ハノーバー)は、従業員の技能認定教育について、今後積極的に協業していくことで合意した。 ▲署名するフエニックス・コンタクト ベントCTO(右)と、ドイ...

「スマートファクトリーJapan」は、製造工場においてスマートファクトリーの実現に欠かすことができない「IoT」「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製...

本日2018年4月4日から東京ビッグサイトで開幕した「第2回 AI・人工知能 EXPO(2nd AI EXPO)」。 今年は一体どんな製品やソリューションが並んだのか? 28のブースで話を伺ってきました! ぜひ会社への報...

「AI・人工知能 EXPO」は、ディープラーニング、機械学習、ニューラルネットワーク、自然言語処理、ハードウェア、ビッグデータ、AIアプリケーションなど最新の技術が集まる展示会です。第1回が開催された昨年は41,677名...

技術の進化とともに「人」中心の安全のコンセプトSafety2.0が重要になってくる。「人」中心はモノづくり全般で展開したい考え方である、という話です。 1. 安全のコンセプトも進化が求められる 産業革命は現在、4段階目を...

「スマート工場EXPO」は、“製造業IoT”をテーマに、スマート工場を実現するためのIoTソリューションやFA、ロボット、AIなど最新の技術が集まる展示会です。第1回が開催された昨年は、来場者数110,234人(同時開催...

「スマート工場EXPO」は、“製造業IoT”をテーマに、スマート工場を実現するためのIoTソリューションやFA、ロボット、AIなど最新の技術が集まる展示会です。第1回が開催された昨年は、来場者数110,234人(同時開催...

経済産業省は、日本版インダストリー4.0とも言える「Connected Industries(コネクテッドインダストリーズ)」について、注力5分野と今後の進め方が決定した。ものづくり・ロボット分野はロボット革命イニシアテ...

工場内のすべての機器がデジタル通信でつながって情報を共有し、最適な生産を実現するという「スマート工場、つながる工場」。 その構想は、数年前から言われて久しいが、現実には、複数の異なるネットワーク、機器コストの問題など課題...

先日、世界最大のハノーバーメッセを取材してきました。 インダストリー4.0はドイツが発祥の地だけあり、制御機器各社は大きなブースで機器とアプリケーションを展示。その様子を、会場の写真を中心にご紹介します。 今回は産業用コ...

1 / 2612345...1020... >>