ものづくりニュース by aperza

基礎知識・用語集の記事一覧

2次元シンボルは、大きな情報量、高い情報化密度、バイナリー対応、小さなサイズ、誤り訂正、高速読取等の優れた特長を持っている。 これらの特長に期待し過ぎると、読取時間が遅くなり、時には読取不能に陥ることがある。 したがって...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   スクリューから溶融された樹脂が押し出され、細い直線状の隙間(フラットダイ)でフィルム状に延ばされる加工方法であり、押し出し成形の中でフィルムやシートを...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:フリッカー フリッカーとは蛍光灯などのちらつきのことですが、シーケンス制御では点滅などのことをフリッカーと呼ぶことがあります。 シーケンサには内部クロックがあり、特殊リレーとして...

これまで、回転機械の状態監視システムに使用されるセンサから各種モニタに関して説明してきましたが、今回から数回に渡り回転機械の振動解析と診断に関して説明します。 振動解析と診断とは 振動解析を含む回転機械の解析・診断を身近...

バーコードや2次元シンボルのシステムを導入したが、思ったほど効果が出ていない、あるいはトラブルが多く効率が低下した、大きなシステム変更が必要になったといった話を聞くことがある。 それは、システム導入が目的になっており、本...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   押出機から押し出されたチューブがまだ軟らかいうちに、口金から吹き込んだ空気でふくらませ、薄いフィルムを作ります。 ラップフィルムやスーパーやコンビニの...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:オルタネイト動作 オルタネイトやモーメンタリという言葉を聞いたことがあるでしょうか? スイッチなどをカタログで選ぶ時にも出てきます。簡単に説明します。 まずモーメンタリの説明です...

前回は回転モニタの信号処理の流れと入力センサに関して説明しましたが、今回は振動モニタや変位モニタにはない、回転モニタ特有のパルス整形回路のヒステリシス設定や、オートトリガとマニュアルトリガの違いと特徴等について説明します...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   金型キャビティ内に射出された溶融樹脂は、金型に熱を奪われて冷却されていきます。通常成形品の肉が厚い部分の真ん中の温度が、材料の熱変形温度以下に達したと...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:設備の修理 自分の製作した設備、自分がプログラムを組んだ設備が突然停止することがあります。 何回動作させても、一定の部分でタイムオーバーとなり停止します。このような症状が発生した...

これまで回転機械の状態監視モニタとして、振動、スラスト、偏心、伸び差に関して説明してきましたが、今回は回転数を計測する回転モニタについて説明します。 信号処理の流れ 回転モニタにおいて、回転数に比例した周波数のパルス状信...

自動認識技術とは バーコードは、流通、物流、製造、サービス、行政、研究、医療、教育等、様々な分野で使用されている。 それは、単なるブームではなく、他の自動認識技術に比べ多くの優れた特長をもっているからである。 一方では、...

1 / 2912345...1020... >>