基礎知識・用語集の記事一覧

実際に解析診断システムを使用する状態監視技術者や振動診断技術者等のユーザにとっては、分かりやすい操作性やグラフ展開も利用にあたっての重要な要素です。 そこで、今回は最新機種であるinfiSYS RV-200における操作性...

概要 POCは、Point of Careの略で、医療実施時点管理システムという。 これは、リアルタイムな処方指示を行うと供に、投薬ミスや患者取り違いなどの医療過誤を防止するための医療管理システムのコンセプトである。 医...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   ショート 樹脂の流れが悪かったり、圧力が低かったりして成型品となるべきところに樹脂が届かない状態。   バリ 成型品の金型合わせ目に樹脂が入...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 上級:プログラム作成 シーケンス回路のプログラム作成方法を説明します。実際に回路編集するときは下記のショートカットを覚えておきます。 「Shift」+「Insert」…行挿入 「Ctr...

前回に引き続き、今回も新川電機の回転機械振動解析診断システムinfiSYS RV-200の特長に関して紹介します。 回転機械振動解析診断システムinfiSYS RV-200の特長 常設型として紹介した回転機械振動解析診断...

概要 POTは、Point of Transportationの略で、移動時点管理システムという。 これは、リアルタイムな実在庫管理をするための物流システムのコンセプトである。 そもそも、在庫管理システムの中で最も進んだ...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   もともとプラスチックは熱可塑性樹脂であり当然ながら熱に弱い…… 熱に弱いと変形したり、劣化したり、薬品性にも弱かったり…… プラスチックは安価であり、...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 上級:実際の作業の流れ まずプログラムを作成するには設備のハードができ上がっていないといけません。 もしあなたが一人で設備を設計して組み立てて、制御まで行うのであれば、まず設備の設計を...

前回まで振動解析に使う主なグラフやロータキットを用いた異常発生時の解析事例等の説明を行っていますが、今回は、新川電機の振動解析診断システムに関して紹介します。 システム構成 新川電機の振動解析診断システムには、常設型のi...

概要 POPは、Point of Productionの略で、生産時点管理システムという。 これは、リアルタイムな生産管理をするための製造システムのコンセプトである。 工場では、注文の集計結果や販売計画に従って生産計画を...

※当コンテンツは『サンセイ』の提供でお届けいたします。   樹脂を大別すると熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂に分けられます。 射出成型で使われるのは熱可塑性樹脂です。 熱可塑性樹脂はさらに、結晶性樹脂と非晶性樹脂とに...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:GOT接続方法 GOTとはGraphic Operation Terminal(グラフィックオペレーションターミナル)の略で、三菱製のタッチパネルのことです。 タッチパネルはどの...

4 / 34<<...23456...102030... >>