柿内 幸夫 Ambassador

◎現場改善No.1コンサルタント。大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。 ◎現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。 ◎1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。 ◎著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。

今回は『儲かるメーカー 改善の急所101項』【急所29】の解説です。 【急所29】活動にオリジナルの名前を付けよ。   みんなで改善をしていると、とんでもなくすごい改善に出会うことがあります。 ところがそれを実...

今回は『儲かるメーカー 改善の急所101項』【急所1】の最終回です。 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている。(先回の続き) 営業と製造は車の両輪だという表現を聞いたことがあります。...

現在『儲かるメーカー 改善の急所101項』の『【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている』について書いていますが、今回は私がコンサルタントとして新たにお客様に向けて実践し始めることをご報...

オレゴン州ポートランドで日本の改善について話をする機会がありました。 出席のメンバーは誰でも知っている有名なIT会社の役員もいれば、個人で開業しているお医者様もいるという日本ではなかなかお目にかかれない組み合わせの方たち...

今回は先回の『儲かるメーカー改善の急所101項』【急所1】の続きです。 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている。 計測器メーカーK社は国内のほとんどの自動車関連会社にその商品を使って...

今回も『儲かるメーカー 改善の急所101項』を使ってお話しいたします。   【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている。   工場ではたくさんの部品や製品が作られてい...

これまで「まさかの時代にするべきこと」や「変化のスピードを上げること」を述べてきました。 そしてこれから具体的にカイゼンを進めていきますが、改めて基本的なことをお話ししようと思います。 テーマのベースは私の著書の『儲かる...

先々々回、「まさかの時代」にするべきこととして、今すぐに実行して「もうできちゃったの、まさか!」とに言わせることだと申し上げました。 「いつやるの?」「今でしょ!」は2013年の流行語大賞を取りました。 知らない方はほと...

先々回、「まさかの時代」にするべきこととして、今すぐに実行して「もうできちゃったの、まさか!」と人に言わせることだと申し上げました。   しかし実際にやろうとするといろいろな障害が出てくるものですということで先...

先回、「まさかの時代」にするべきこととして、今すぐに実行して「もうできちゃったの、まさか!」と人に言わせることだと申し上げました   しかし実際にやろうとするといろいろな障害が出てくるものです 今回はそれらの障...

人生に3つの坂あり。上り坂と下り坂、そしてまさか」という言葉を何回も聞いたことがあります。 このように「まさか!」とはめったに起きない信じられないことが起きたときに発する言葉です。   しかしここ最近の出来事を...

これまでずっと改善のことについて書いてきましたが、ちょっと趣向を変えて、今回は私の仕事のことを書きます。   私は自分の職業は改善コンサルタントだと言っています。 時々講演会をしたり大学で講義をしたりしますが、...

5 / 9<<...34567... >>