kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

少子高齢化対策、生産性向上に向けて、中小企業等で急速に関心が高まっている産業用ロボットだが、その一方で、現場へのロボット導入を担う「ロボットSI(システムインテグレータ)」の不足が深刻化している。経済産業省と日本ロボット...

東芝の次世代ものづくりソリューション「Meisterシリーズ」が、IVIのプラットフォームの候補として採用され、2016年度の3つの業務シナリオワーキングで本ソリューションの実証実験が行われ、IVIの公開シンポジウムで成...

あの日本電産が、IoTと小型モーター、制御技術を駆使して作ったのが、スマートフォンでペットボトルの蓋を開ける「スマートペットボトル」。 まさかのおバカ商品です。 「手で開ければいいじゃん」と突っ込みたくなるところですが、...

製造業で頑張るすべての方々に向けて、心にグッとくる製造業CMをご紹介 第2弾も、第1弾に引き続いて本田技研工業から 負けるもんか 本田技研工業(2012) ホンダの歴代の名車が流れていくのを背景に、 淡々と語られるナレー...

仕事柄、取材でIoTをテーマにした講演を聞く機会が多い。大企業のマネジメント層、スタートアップ企業の社長、大学の研究者など講演者は様々だ。内容で共通しているのは「IoTはあくまで課題解決の道具」「課題を明確にしないと取組...

ものづくりニュースでは、これから製造業の世界に飛び込んでくる新入社員と、すでに働いている若い技術者の皆さんに向けて、製造業の先輩たちからの「これから一緒に頑張っていく人にオススメする一冊」という企画を4月にスタートします...

エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也)は、旭川計量機株式会社(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:茶木 拓治)、および株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役:森島 泰信、以下...

 受注獲得のための競争が激しくなるなか、自社の強み、他者との違いをどこで出すか?これは、あらゆる製造業企業にとっての大きな課題です。  とてもユニークな商品企画、どこにも真似できないような超精密技術、何百年も脈々と受け継...

ヤマハ発動機IM事業部は、実装機とロボットの新IM事業所を浜松市内にオープンしました。 従来の約2倍の生産スペースがあり、生産能力は既存の1.5倍に拡大。さらに、製造と販売、技術がワンフロアに同席し、コミュニケーション強...

日本機械学会は、3月14日に東京・明治記念館で「第1回メカジョ未来フォーラム」を開催する。フォーラムは2部構成で、第1部は産業界で活躍する3人の女性の講演、第2部は企業50社との交流セッションが行われる。対象は、高専・大...

国際ロボット連盟(IFR)の調査によると、アジアにおける産業用ロボットの導入台数が、2010年から15年の5年間で70%増の88万7400台に達し、15年単体の年間売上高も前年比19%増の16万600台となった。産業別で...

「宝の持ち腐れ」という言葉がある。私の趣味の道具がそうだ。プロが使っている道具と同じモデルを使っているが、その100分の1の性能も出し切れていない。私自身はそれを使うことに酔いしれているから良いが、道具はたまったものでは...

71 / 97<<...102030...6970717273...8090... >>