kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

IoTは早急に着手を~日本には活用できる風土が既にある 日本マイクロソフトはグローバルでの企業ミッション「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」、並びに「革新的で、安心でき、喜んで使...

「あ〜分かる、それ!ウチの会社でもそうだわ〜」 製造業の現場で働く人同士を共感させる「製造業あるある」 笑えるものから「え?それヤバいんじゃ。。。」なんてものまで、 Twitterの #製造業あるある から厳選してお届け...

オムロンは、2017年4月3日から、さらなる制御盤づくりの革新に向け、商品仕様を共通の設計コンセプトで統一したファクトリーオートメーション用制御機器(FA機器)の第3弾となる端子台、I/Oリレーターミナル、漏液検出器、ス...

揺れる東芝。 4月1日には半導体事業が分社化して東芝メモリとなりましたが、2兆円とも言われるその売却先がどこになるのか、世界中が注目しています。 日本政府が救う? 中国や台湾系企業が狙っている? 売却先ならアメリカ企業?...

産業領域における第4次産業革命のコンセプトについて、ドイツはインダストリー4.0、アメリカはインダストリアルインターネット、中国は中国製造2025などと言われます。日本では、日本版インダストリー4.0、IoT化、ロボット...

いま地球上に生きる生物の形は、それが最終形態ではない。長い歴史のなかで、あらゆる生物が、生きる環境によって姿形を変えて生き残ってきた。乾燥した砂漠に住む生物と、高温多湿に住む生物は、見た目や特性がまったく異なるのもそのせ...

ジャパンユニックスとIPC(イリノイ州シカゴ、John W. MitchellCEO)は、電子組立品の国際標準である、IPC-A-610「電子組立品の許容基準」を学ぶオンライントレーニングをリリースした。 IPCのオンラ...

産業用コンピュータで世界トップメーカーのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd.)は、4月11日から鉄道車両に特化した交通インフラのIoT最新ソリューションに関するオンラインセミナー(ウェビナー)を...

「あ〜分かる、それ!ウチの会社でもそうだわ〜」 製造業の現場で働く人同士を共感させる「製造業あるある」 笑えるものから「え?それヤバいんじゃ。。。」なんてものまで、 Twitterの #製造業あるある から厳選してお届け...

アクティブリンク(4/1〜新社名・ATOUN アトウン)は、2017年6月8日から、腕と腰の作業負荷を軽減する軽作業向けアシストスーツ「ATOUN MODEL As」の受注を開始。従来の腰用のアシストスーツ(ATOUN ...

日立製作所は、ドイツのフラウンホーファ研究機構製造技術・自動化研究所とハンガリー科学アカデミー計算機自動化研究所との共同研究により、数量や加工条件などの重要情報を隠したまま、企業間でセキュアに生産設備を融通し合える技術を...

産業用ロボットを導入して使ってみたいが、価格が高いし、どんな風に操作すればいいか分からない。。。 こんな悩みはよく聞く話ですが、それだったらいっそのこと、超初心者向けアームロボットを使い、どんな動きをするのか、何ができる...

72 / 100<<...102030...7071727374...8090100... >>