『教育』の記事一覧 : 41件

前回は、作業者を単純作業者とスキルを必要とする作業者に分ける。 それぞれに必要な教育が必要と書きました。 単純作業者は採用後、品質を確保するという役割を果たせるようにして、 できるだけ早く現場に投入することも求められます...

前回従業員の教育をするには、それぞれ(作業者、班長、科長、幹部)の 果たして欲しい役割=会社として従業員にやって欲しいこと を先ず明確にすることが必要で、 それが決まれば教育内容は自ずと決まってくると言いました。 今回は...

「チャイナプラスワンではなく中国で頑張る」 こんな話を前回書きました。 中国で頑張ると決めた企業でも中国人従業員の育成には頭を悩ませているようでした。 人の入れ替わりが激しいこともありどのように従業員を育成して 工場の管...

以前セミナーである中小企業の海外進出に至る事例を聞く機会がありました。 中小企業ながらプロジェクトチームを作り十分な準備をして進めていたことが印象に残りました。 人の採用、幹部スタッフや現場のキーマンとなる科長・班長の採...

CMI(フィリピン工場)からの研修生でグレイ(仮名)という青年がいた。 半年後にRFユニットをCMIで量産立ち上げする予定があり、その担当者として約半年間、日本で研修を受けてもらった。 彼にはRFについての知識や経験はな...

中国工場の品質管理は、「教育に始まり教育に終わる」と言い続けています。   そのためには従業員教育をしっかり行うこと、教育をするためのシステム・仕組みを持つことが必要ですよとも言い続けています。   ...

中国工場の品質管理は、「教育に始まり教育に終わる」と言い、その教育は、中国人が中国人に教える体制を作れと言いました。   そのためには、教えることのできる中国人を育てなくてはなりません。 これは日本人がやること...

中国工場の品質管理は、「教育に始まり教育に終わる」と言いました。   そのためには従業員教育をしっかり行うこと、教育をするためのシステム・仕組みを持つことが必要です。   前回も言ったように工場の管理...

中国工場の品質管理を進めるうえで、重要な要素のひとつに従業員教育があります。   品質管理は教育に始まって、教育に終わると言っても過言ではありませんし、そう思っています。 いかにして従業員教育をやるか、教育を仕...

テニスの全米オープンで大坂なおみ選手が優勝という快挙を成し遂げ、錦織圭選手もベスト4という好成績をおさめた。 テニスに限らず、日本人は小柄で体格的なハンデによって世界のトップで戦うのは難しいと言われていた競技でも、最近は...

人の判断と比較して約70%の精度  富士通研究所は2016年10月17日、コールセンターや銀行窓口などで、顧客と応対者の会話音声から自動的に満足や不安を特定する音声分析技術を開発したと発表した。  同技術により、満足や不...

 横河電機は2016年9月27日、安全計装システム「ProSafe-RS」の機能を強化した「ProSafe-RS R4.02.00」を発表した。プラントをライフサイクルにわたり安全に運用するための管理手法、機能安全管理(...

1 / 41234