『改善』の記事一覧 : 561件

トヨタでは、昭和43年(1968年)当時、1,000tプレスの段取替えに4時間を要していた。 ところが、西ドイツのVW社では2時間ですめせている、というので、これを追い越そうということになり、新郷重夫氏にご協力をいただい...

※本記事は、2019年5月28日に公開されたものです。 連休も終わり、仕事の集中されていることと思います。お互い頑張りましょう! ********************************** またチョコ案という改...

Q:作業のムダをなくすヒントとは? A:作業を分けた場合の改善のヒントを少し紹介します。   ①作業時間の長い作業の中にムダも多く潜んでいます。 作業時間の長い作業からムダをなくせば、早く効果的に改善できます。...

現場力を発揮できるよう、経営者は現場を後押ししていますか? 1.受注情報の変更で現場とすったもんだ 多品種化へ柔軟に対応できる現場力は、競争優位性を高めます。 黙っていても顧客に選んでもらえる製品を実現できるのです。柔軟...

実績の入力作業に現場の手が回らず、見える化が進められないことがありますか? 1.IoTやICTの役割 情報通信技術(ICT)を使って生産現場の生産性を向上させる取り組みが、今後、加速されそうです。 少子化に起因する各種問...

Q:作業を分けるとは? A:具体的な組立作業で、考えてみましょう。 例えば、スマホのような形のものを組み立てる場合を思い浮かべてください。 外側には、表ケースと下ケースの2つのケースがあります。内側には、部品Aと部品Bの...

現場のムダをデジタル化技術で解決しようと考えたことがありますか?   デジタル化技術で、加工工場の材料歩留まりを高めた事例が、GE REPORT JAPAN Jun 12, 2017に掲載されていました。 ヂャ...

Q:測定した時間の見方は? A:測定した数字、つまり時間(秒)を見てみましょう。 3回のサイクルタイムが、だいたい同じような時間になっていれば問題はありません。しかし、毎回の時間に「バラツキ」があると、ちょっと問題です。...

貴社では段取り替え作業が管理の対象になっていますか? 1.多品種化へ適応する 貴社で扱う製品やサービスの種類は5年前、10年前と比べて増えていませんか? 主力製品が変わった。あるいは主力製品は変わらないけれども仕様が増え...

Q:時間測定の方法は? A:時間測定は、「ストップウォッチ」を使って測定します。 今では、スマホのアプリでも簡単に行えます。しかも、ラップ(途中経過)も取れます。これは、5,000円くらいする競技用の高級ストップウォッチ...

需要が下振れして、減産体制が必要なとき、現場は需要変動に適応できますか? 1.需要が変動しても最低コストを継続できる仕組みづくり 製品を造れば売れる時代は過ぎました。需要が右肩上がりで増えることは期待できません。 顧客要...

Q:どのように動画を撮れば良いのか? A:ビデオカメラがあればベストですが、準備が大変ですね。 工場でスマホが使える場合は、スマホで撮れば簡単です。 ダメな場合は、デジカメの動画で撮りましょう。   三脚があれ...

3 / 4712345...102030... >>