『中国工場』の記事一覧 : 226件

前回紹介した中国調達セミナーの岩城先生は、 「中国工場のレベルを判断するには、末端の作業者を見るのが一番」と言っていました。 末端の作業者とは、その工場で一番給料の安い作業者という意味です。   一番給料の安い...

弊社では「中国調達」をどのように進めたらよいか、 どのように利益を出すかをテーマとしたセミナーを毎年開催しています。   今回は、そのセミナーで講師の先生が話された内容のひとつを紹介したいと思います。 &nbs...

前回工場監査は事前の準備がとても大事で、 それをツール化した監査チェックシートを作成して運用するようにしたことを紹介しました。   この内容に関して、読者の方からコメントをいただいたので紹介したいと思います。 ...

前回、工場監査の前に監査内容を整理するために、 監査チェックシートを作るようになったと書きました。   チェックシートの基本的内容は、先方のQC工程表に基づいて、 どんな工程で作業/生産しているのか。 管理の内...

中国駐在員時代は、取引先さんの改善指導を担っていたので、 多くの工場監査を行ってきました。 同じ工場に継続して何回も行くこともありましたが、 新規の取引先であれば、当然初めての訪問となることも多かったです。  ...

前回の記事はこちら>> 顧客要求を勝手に受入れ、現場に指示してしまった中国人管理者のAさん。   今回の対応方法は、手直し要否の判断基準を顧客サイドで決定する。 また、原因が顧客サイドにあるため、 対応の実施費...

シンセンにある日系工場で中国人管理者(Aさん)が勇み足をしてしまった。 何があったかと言うと、顧客クレームがあり、 その対応を上司である日本人の品質管理責任者の確認を取らずに、 独断で工場に対応指示をしていたのです。 &...

企業の社内研修講師を務めさせていただくことがあります。 ある大手企業様では2年続けて依頼を受けました。   参加されたのは、以前及び現在中国製品を取り扱っている方が半分と 今は中国との関わりはないが、今後担当す...

ある中国工場でのことです。   新しく造成された工業区にあるため市街地から離れているため 立地条件としてはよくありません。 そんなこともあり従業員の定着率がどんなものか気になりました。 もっとも、どの工場に行っ...

以前開催した中国仕入先・生産委託先の工場監査および改善指導に 特化したセミナーの中で工場監査をするときのチェックポイントに ついていろいろ事例を挙げて話をしました。   工場監査を行う時に大事なことのひとつは、...

前回の記事はこちら >> ISOの認証は、その企業の品質を保証しているものではありません。 これは日本でも同じことです。   ただISOを取っていれば、 その要求事項に基づいた管理をしているから品質管理も出来て...

中国の製造業でも既に多くの企業がISO9001の認証を取得しています。 逆にちょっとした規模なら取得していない企業を探す方が難しいかもしれません。   中国企業と取引をしている人でISOを取っているから安心だと...

1 / 1912345...10... >>