『マーキング特集』の記事一覧 : 115件

チェックデジットとは チェックデジットは、チェックキャラクタともいわれ、データの信憑性を確認するためにデータの最後に付加するキャラクタである。 チェックデジットは一般的に各桁の値の総和を求め、それを桁数で割った余りを利用...

ISO/IECシンボル体系識別子とは バーコードや二次元シンボルのデータにアプリケーション識別子やデータ識別子が付いていれば、それが何のデータかを判断することができる。しかし、同じ桁数で異なるシンボルの場合、そのデータが...

アプリケーション識別子 (AI)とは GS1は、アプリケーション識別子(Application Identifier)を使用してさまざまな情報を共有化できるようにしている。 これは情報の頭に付加される識別コードで、この識...

グローバルロケーション番号 (GLN)とは GLNはグローバルロケーション番号(Global Location Number)の意味であり、GS1が規定した国内および国際間取引において相互に企業や事業所等を識別するための...

インクジェットプリンターには、オンデマンド式とコンティニュアス式の主に2つの種類があります。 オンデマンド方式とは オンデマンド式とは印字(印刷)する際に必要なときに必要な分だけのインク滴を噴射し、印字(印刷)を行う方式...

連続出荷コンテナコード (SSCC-18)とは 連続出荷コンテナコード(Serial Shipping Container Code)は、国内および国際間取引における物流単位(パレット、ケース、カートン等)を識別するため...

梱包インジケータ (PI)とは 梱包インジケータ(Package Indicator)は、梱包形態や入数を識別するための国際標準の識別コードで、GS1が規定している。GTIN(国際取引商品コード)の先頭の1桁が、梱包イン...

インクジェットプリンターとは インクジェットプリンターとは、現代において幅広く流通している印字(印刷)機の形態の一つであり、インクを微滴化したものを印字媒体に対して直接吹き付けるようにして印字(印刷)を行います。 用途に...

国際取引商品コードGTIN (ジーティン)とは GTIN(ジーティン)は、Global Trade Item Numberの略で、GS1によって標準化された14桁の国際的な商品識別コードである。 流通共通商品コードの歴史...

GS1 Databar (RSS)の概要 名称について RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年に国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小...

GS1-128 (UCC/EAN-128)とは POS(販売時点管理システム)やEOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)等の流通情報管理システムの発展によって、より高度な商品管理や物流管理、業務管理が求められ...

サーマル・NPに関する用語をまとめた用語集です。   粒子配向性 英文表記:particle orientation 粒子配向性とは、熱可塑性フィルム内にランダムに分散した薄片状不透明物質 (例えばグラファイト...

6 / 10<<...45678... >>