ものづくりニュース by aperza

『マーキング特集』の記事一覧 : 104件

概要 熱転写式バーコードプリンタの特長は、印刷品質が良いこと、紙、プラスチック、金属、布などに印刷できること、耐熱、耐水、耐溶剤、耐擦傷に優れていること、カラー印刷ができること、高速印刷ができることなどであるが、それらを...

バーコードラベルの構造 バーコードラベルは、基材、粘着剤、剥離紙(セパレータ)の3層で構成されている。 基材の表面は、傷、薬品、紫外線等への耐久性を高めるためにコーティングをすることがある。 また、基材の裏面には、粘着剤...

ドラムインパクト方式 ドラムインパクト方式は、ドラムの周囲にバーコードキャラクタを刻印し、ドラムを回転させながらバーコードキャラクタを選択し、ドラムでリボンを叩いて印字する。 シリンダインパクト式とも言う。 この方式は、...

キーボードインターフェースの課題 アプリケーションソフトを変更することになしに、バーコードリーダを接続する方法として、キーボードインターフェースがある。 これは、バーコードデータをキーボード信号にエミュレーションすること...

概要 今まで、バーコードを読み取るにはバーコードリーダを使用する必要があった。 それは、CCDスキャナやレーザスキャナ等の特殊な光学系とバーコードを解読するための専用CPUが必要であったからである。 しかし、今日、パソコ...

バーコードのコントラストの表記には、PCS値(Print Contrast Signal)とMRD値(Minimum Reflectance Difference)が代表的である。 バーコードリーダの読み取りできる最小コ...

バーコードの読取は、バーコードリーダの照射する光がバーコードシンボルで反射し、その反射光を検知することで行われている。 したがって、バーコードシンボルの反射率と光の入射角は、バーコードの読取に大きく影響する。 光の反射に...

分解能の高いスキャナに変えたが、読取率が良くなるどころか、かえって悪くなったと言う話を聞く。 これは、分解能と読取率の関係を良く理解していないことによる。 そこで、次にバーコードリーダの分解能と読取率の関係について説明す...

概要 読取信頼性は、読取率と誤読率で表現される。 読取率は、バーコードをスキャンする回数に対して読み取ることができた回数で計算され、100回のスキャンで99回の読取ができた場合は、読取率は99%になる。 一方、誤読率は、...

概要 バーコードシステムが米国シンシナティのスーパーで初めて使用されてからおよそ35年になる。 その後、バーコードは、製造、物流、小売、娯楽、行政、病院、教育等、様々な分野で使用され、自動認識技術の中心的技術になっている...

概要 バーコードリーダは、読取方式によってマニュアルスキャン方式、CCDスキャン方式、レーザスキャン方式、イメージセンシング方式、リニアイメージセンシング方式に分類することができる。 また、バーコードリーダは、形状によっ...

マニュアルスキャン方式の原理と特徴 マニュアルスキャン方式は、光源から放射された光をレンズで集光し、バーコード面を照射する。 次に、バーコード面で反射した光を再びレンズで集光し、光センサで検知して電気信号に変換するしくみ...

1 / 912345... >>