『マーキング特集』の記事一覧 : 115件

インクジェットプリンターにおいて、一般的な使用インクには、水性インクと溶剤性インクがあります。 水性インクの用途 水性インクは一般的に紙などに対して用いられ、OA用のインクは水性インクがほとんどです。 溶剤生インクの用途...

PDF417とは PDF417は、1989年にシンボルテクノロジー社(現、モトローラ社)によって開発されたマルチロー(スタック)型の二次元シンボルである。 名称について PDF417は、情報量を同じスタック型の二次元シン...

Code49とは Code49は、1987年にインターメック社によって開発されたマルチロー(スタック)型の二次元シンボルで、一次元シンボルは2段から8段で構成され、各段は4個のシンボルキャラクタで構成されている。 Cod...

インクジェットプリンターについて産業用(工業用)とOA用の違いは、大きく「印字対象物」と「印字方法」の2つです。 印字対象物について 印字対象物については、OA用はOA用紙を対象としますが産業用(工業用)は紙以外にも金属...

マトリックスシンボルの種類 マトリックスシンボルの原形は、1982年にベリテック社が開発したVeriCodeである。正方形の枠が特徴であり、その中にデータが書き込まれている。 日本で紹介されているVeriCodeは、三菱...

市場争奪の時代 二次元シンボルは、1982年にベリテック社がマトリック型スシンボルVeriCodeを開発し、1987年にインターメック社がスタック型シンボルCode49を開発して以来、1995年頃までシンボルの開発競争の...

連続式のインクジェットプリンターとは、産業用に用いられる印字(印刷)機器のことを指します。 ガラスやプラスチック、金属など吸収性のない材質は、印字後速やかにインクを乾燥、定着させるため速乾性のあるインクを用いる必要があり...

1KB以上の大きな情報量 マルチロー型(スタック型)シンボルの最大情報量 Code49やCode16Kなどの原始的なマルチロー型(スタック型)シンボルの最大情報量は、英数字で49字、または77字と従来の一次元シンボルの数...

二次元シンボルは、構造的にマトリックス型とマルチロー型の2種類に分類できる。それぞれ一長一短あるために、使用用途や使用環境等を考慮して使い分けられている。 マトリックス型シンボルとは 一つは、格子状に多角形や円形のセルを...

サーマル式とは、ヘッド部分で加熱することで管内のインクを気泡化して吹き付ける印刷方法です。 これはヒーターを使って瞬間的に温める方法が一般的です。インクには熱がかかるため、熱により劣化しないインクを使用する必要があります...

二次元シンボルとは 一次元シンボル(日本では、一般にバーコードと呼ばれている)がバーコードシンボルキャラクタを直線的に並べて情報化しているのに対し、シンボルキャラクタ、またはそれに相当する情報単位を縦横に配置したバーコー...

バーコードシステムにおける読取率の低下や誤読の多くは、バーコードの印字品質に起因している。バーコードが滲んで太っていたり擦れて細っていたり、汚れていたり、あるいはコントラストが低下していると読取率が低下して生産性や作業効...

5 / 10<<...34567...10... >>