ものづくりニュース by aperza

『バーコード』の記事一覧 : 89件

バーコードや2次元シンボルのシステムを導入したが、思ったほど効果が出ていない、あるいはトラブルが多く効率が低下した、大きなシステム変更が必要になったといった話を聞くことがある。 それは、システム導入が目的になっており、本...

バーコードは、情報システムに対する入力手段としては、早い入力速度、優れた読取率、低い誤読率、安価なメディア、安価なバーコード関連機器等の特長により、幅広く利用されている。 そこで、バーコードが情報システムな中で果たしてい...

自動認識技術とは バーコードは、流通、物流、製造、サービス、行政、研究、医療、教育等、様々な分野で使用されている。 それは、単なるブームではなく、他の自動認識技術に比べ多くの優れた特長をもっているからである。 一方では、...

ダイレクトパーツマーキングDPMとは、ラベルを使用せず製品に直接マーキングする技術である。 2次元シンボルのダイレクトマーキングは、半導体や液晶のようにマーキングスペースが極めて少ない製品に対して行われていたが、近年、生...

バーコード検証の歴史 バーコードシンボルの印刷品質は、バーコードの読取率や誤読率に大きな影響を与える。 したがって、バーコードシンボルの印刷品質を維持することは、バーコードシステムにとって極めて重要なことであり、そのため...

概要 Windowsパソコンとレーザプリンタの普及により、簡単にバーコードをデザインし手持ちのレーザプリンタで印刷できるようになった。 従来は、特別にデザインした印刷プログラムを開発し、バーコードプリンタを購入しないとバ...

概要 フィルムマスターは、バーコード印刷用の製版であり、これから刷版を作成し印刷する。 包装容器のJANコードやダンボール箱のITFコードの印刷には、欠かせないものである。 現在、包装容器や段ボール箱の90%以上がフィル...

フィルムマスター バーコード印刷の品質は、印刷方式、印刷条件、製版条件によって著しく変化する。 したがって、精度の高いバーコードを印刷するためには、印刷方式に適したフィルムマスター(製版)を作成し、厳格な管理の元で印刷し...

概要 熱転写式バーコードプリンタの特長は、印刷品質が良いこと、紙、プラスチック、金属、布などに印刷できること、耐熱、耐水、耐溶剤、耐擦傷に優れていること、カラー印刷ができること、高速印刷ができることなどであるが、それらを...

バーコードラベルの構造 バーコードラベルは、基材、粘着剤、剥離紙(セパレータ)の3層で構成されている。 基材の表面は、傷、薬品、紫外線等への耐久性を高めるためにコーティングをすることがある。 また、基材の裏面には、粘着剤...

ドラムインパクト方式 ドラムインパクト方式は、ドラムの周囲にバーコードキャラクタを刻印し、ドラムを回転させながらバーコードキャラクタを選択し、ドラムでリボンを叩いて印字する。 シリンダインパクト式とも言う。 この方式は、...

キーボードインターフェースの課題 アプリケーションソフトを変更することになしに、バーコードリーダを接続する方法として、キーボードインターフェースがある。 これは、バーコードデータをキーボード信号にエミュレーションすること...

1 / 812345... >>