ものづくりニュース by aperza

『バーコード』の記事一覧 : 73件

概要 読取信頼性は、読取率と誤読率で表現される。 読取率は、バーコードをスキャンする回数に対して読み取ることができた回数で計算され、100回のスキャンで99回の読取ができた場合は、読取率は99%になる。 一方、誤読率は、...

概要 バーコードシステムが米国シンシナティのスーパーで初めて使用されてからおよそ35年になる。 その後、バーコードは、製造、物流、小売、娯楽、行政、病院、教育等、様々な分野で使用され、自動認識技術の中心的技術になっている...

概要 バーコードリーダは、読取方式によってマニュアルスキャン方式、CCDスキャン方式、レーザスキャン方式、イメージセンシング方式、リニアイメージセンシング方式に分類することができる。 また、バーコードリーダは、形状によっ...

マニュアルスキャン方式の原理と特徴 マニュアルスキャン方式は、光源から放射された光をレンズで集光し、バーコード面を照射する。 次に、バーコード面で反射した光を再びレンズで集光し、光センサで検知して電気信号に変換するしくみ...

バーコードリーダとは、バーコードを光学的に検知し、そのバーとスペースのパターンを解析することによって、特定のキャラクタに変換するための装置である。 バーコードリーダは、何らかの光源と光センサーを持ち、また、バーコードをス...

概要 近年、RFIDは、期待どおりに普及せずに息切れしているようである。 その背景には、技術的課題や価格的課題が挙げられるが、そもそもバーコードを置き換えるという過大期待が原因と思う。 バーコードを補完するという視点から...

概要 エレクトロニクス業界における生産の海外シフトや自動車業界における国際的な再編成、エレクトロコマースの普及等に見られるように、業界や地域を越えるグローバルなサプライチェーンマネージメントに対する要求が、急速に高まって...

1998年7月から、従来のABC Codabarに代わって、ISBT128が新しい血液パックのラベルに採用された。 ISBT128とは ISBT128は、Code128をベースにした規格で、Codabarのようなシンボル...

公共料金などをコンビニエンスストアで支払うことを料金代理収納とよび、店頭での収納業務を迅速・正確に行うためにバーコードが使われている。 料金代理収納バーコードは、1987年から3段/4段のJANコードが使われていたが、請...

毎年増え続ける医療費を抑制するために、情報化や物流の効率化のニーズが急速に高まっている。 厚生労働省は、これに対応した高度情報社会医療情報システム構築推進事業の中で、医療の標準化と電子保存の必要性を説いており、カルテの電...

1 / 812345... >>