『バーコード』の記事一覧 : 103件

概要 エレクトロニクス業界における生産の海外シフトや自動車業界における国際的な再編成、エレクトロコマースの普及等に見られるように、業界や地域を越えるグローバルなサプライチェーンマネージメントに対する要求が、急速に高まって...

1998年7月から、従来のABC Codabarに代わって、ISBT128が新しい血液パックのラベルに採用された。 ISBT128とは ISBT128は、Code128をベースにした規格で、Codabarのようなシンボル...

公共料金などをコンビニエンスストアで支払うことを料金代理収納とよび、店頭での収納業務を迅速・正確に行うためにバーコードが使われている。 料金代理収納バーコードは、1987年から3段/4段のJANコードが使われていたが、請...

毎年増え続ける医療費を抑制するために、情報化や物流の効率化のニーズが急速に高まっている。 厚生労働省は、これに対応した高度情報社会医療情報システム構築推進事業の中で、医療の標準化と電子保存の必要性を説いており、カルテの電...

2006年9月に厚生労働省医薬食品局安全対策課より発出された「医療用医薬品へのバーコード表示の実施について」について、日本製薬団体連合会(日薬連)が、コード表示方法等の具体的な導入方法、および留意事項等を取りまとめ、20...

食肉標準物流バーコードは、海外で標準化されている食肉物流バーコードとの整合性を考慮して、GS1-128を使用している。 ▼食肉標準物流バーコードラベルの例 基本情報を表示した基本バーコードとそれを補助する補助バーコードで...

SCMラベルとは SCMラベルのSCMとは、Shipping Carton Marking 、またはShipping Container Markingの略で、Supply Chain Managementとは異なる。 ...

物流標準「PDラベル」とは PDとは、Physical Distribution(物流)の意味で、店舗別仕分けを目的にした梱包ラベルである。 従来、荷札ラベルは購入者がそれぞれ指定していたため、納入業者はそれぞれの納入業...

ITFは、輸送、包装、荷役、保管といった物流分野の集合包装商品コードを表示するために開発された物流共通シンボルである。 ITF14/16は、欧州のEAN-DUNや米国のUCC-SCSとの互換性を考慮し、1987年にJIS...

生鮮EDI商品コード 市場環境の変化に対応して、農林水産省は「食品流通情報化基盤開発事業」の一環として、生鮮4品(青果物、水産物、食肉、花卉)の標準商品コードとEDI標準メッセージの開発を1997年度から5か年計画で行っ...

日本では、1981年からISBN(Internatinal Standard Book Number)コード(10桁)、分類コード(4桁)、価格コード(5桁)を組み合わせた日本図書コードが使用されている。 桁数が多いこと...

2010年からPOSで使用 GS1 Databarは、2010年1月からグローバルな流通標準シンボルとなることが国際的に承認された。 これは、国際流通標準化機関であるGS1(本部ベルギー、108カ国加盟)が定めた標準バー...

4 / 9<<...23456... >>