ものづくりニュース

「ものづくりニュース by aperza」は、これまでのメディアが取り上げてこなかった、ものづくりの現場で働く技術者が日常業務の中で習得し、活用する知見やノウハウ等のコンテンツに特化した製造業向けメディアです。自社コンテンツに加えて、認定ユーザー(アンバサダー)によるライブ感の高いコンテンツを織り交ぜ、ものづくりの最前線の情報提供に。本サービスを通じて、製造業で課題となっている技術継承問題の解決に取り組むと同時に、次世代型ものづくりの浸透を後押しすることで日本の製造業の競争力強化に貢献いたします。

1.若宮正子さん 若宮正子さん(85歳)は高齢プログラマーとして知られている方です。プログラミングを独学で習得し、シニア向けのゲームアプリ「hinadan」をつくって、米アップルCEOのティム・クック氏から賞賛され、招待...

日系企業の中には、中国工場の中国人スタッフ育成のために 日本で研修させる仕組みを作っているところも少なくありません。 会社費用で日本に行けるというのは、 中国人にとって大きな魅力であることは間違いありません。 しかし、た...

私は4/1にテクダイヤに新卒で入社し、今は在宅勤務でテレビ会議研修を受けています。4/1から晴れて新社会人として通勤頑張るぞ!と意気込んだものの、新型コロナウイルスの影響で入社式延期、さらにゴールデンウィーク明けまで在宅...

機械設備の予知保全用に開発されたというハンディ型ポータブル振動計『マシンレフェリー』について、IMV株式会社 梶田さまに話を伺いました。 ※本記事はアペルザ主催のウェビナー「アペルザTV」#担当者突撃インタビューの配信内...

こんにちは。テクノアの古川です。 企業会計は、目的に応じて、財務会計と管理会計という2つに分かれることをご存じでしょうか? 財務会計は外部に公表することを目的に、管理会計は企業内で会計面から分析することを目的に作成されま...

前回中国製造業は、4M管理の意識がまだ低いと書きました。 日系企業はそのことを認識したうえで、 取引先中国企業に4M変動管理を要求していくことが必要です 今回はまさにその4M変動管理に対する認識が、 不十分な中国企業での...

緊急事態宣言から1週間。多くの企業が在宅勤務を取り入れたことで皆さんの働き方も大きく変化しているのではないでしょうか。海外では、この10年間さまざまな業界でリモートワークが流行していました。日本では一部の業界を除き採用す...

デジタル化で「社員の成長・生産性UP・顧客対応力UP」に成功! 今回は実際にロボットの導入に成功した会社にインタビューをした。   —— DNP田村プラスチックの優れている点は? 1956年に創業者である田村愼...

「4M管理」製造業に携わる方なら どなたでもご存知の言葉だと思います。 言葉を足せば「4M変動管理」という言い方になります。 つまり4M管理とは、変化点管理に他なりません。 4つのMの視点で変化点を管理するということです...

弊社(TECDIA)には、日本から離れたフィリピンのセブ島に生産工場を有しています(Cebu Microelectronics Inc.、通称:CMI)。   一般的に生産工場は、良品質の製品をいかに早く量産す...

前回、中国工場の指導先の多くで従業員教育を行うが、 作業者に直接的に教育することはあまりなく、 現場の管理者や検査員に対して行うと書きました。 しかし、よりよい工場になるためには、 最終的には作業者のレベルを高めることが...

整理整頓……お話はそこそこ まずは、現場へ【現場主義】 刃具置き場へ 見ると、ある程度種類別に層別されている。 だけど、サイズ別には、きっちり分類されていない。 そして、明らかに、数が多い。 これを聞くと、 「ここまで種...

5 / 328<<...34567...102030... >>