富澤 正 Ambassador

弁理士。コスモス国際特許商標事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。知的財産権の取得業務だけでなく知的財産権を活用した製品作りの商品開発コンサルタントを行う。知財マッチングを展開し、ものづくり企業の地方創世の救世主として活躍している。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標の活用を応援するWEBマガジン「発明plus Web」( https://hatsumei-plus.jp/ )を運営している。

「いちごけずり®」が大ヒット商品に 今回取り上げる「まんねん合同会社」は、北海道札幌市を本店とし、北海道の野菜や果物でフレッシュジュースを提供するリトルジュースバーを運営する企業です。 同社が大きく変わったきっかけは、冷...

次期プリキュアタイトルか? 商標公報にプリキュア新名称らしきもの掲載 アニメ「プリキュア」シリーズの未公表の次回作のタイトルが、公開商標公報によってネタバレしてしまったようです。 特に子供向けのアニメなどは関連商品も多く...

今回インタビューしたのは、家を建替える方に解体業者様を紹介する「解体工事の匠」や、外構業者様を紹介する「エクステリアの匠」といったマッチングサイトを運営している株式会社クラッソーネの川口哲平氏です。 インターネットの検索...

「直虎」思うように使えず……困惑 複数事業所、既に商標登録 NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年1月から放送予定)に合わせて「直虎」に関連する商標登録を行う事業者等が増え、地域振興等への影響が懸念されている...

特許庁が「地域団体商標の出願状況」を更新(2016/10/12) 現在、地域団体商標の出願が最も多い都道府県は「京都府(150件)」で、その他の上位都道府県は、「兵庫県(63件)」「北海道(51件)」「沖縄県(42件)」...

協会アワード2015 文部科学大臣賞受賞の「日本サロネーゼ協会」 一億層活躍社会が叫ばれ女性の幅広い社会進出が注目されています。 そして、就労・子育て支援などの社会的課題に教育という側面から取り組む優れた事業を表彰する協...

特許出願、特許調査を自社でこなす 株式会社名南製作所では、自社で特許出願までこなす特許に力を入れた企業です。 同社は、合板製造機械メーカーであり愛知県大府市に本社を構えます。 特許調査を自社で行う中小企業は数多くあります...

今回ご登場いただくのは、桜製作所代表取締役社長の山口将史氏です。 同社は、プラスチック成形加工等を事業として行ない、既に40年以上の実績を持ちます。 また、山口氏はプラスチック製品のものづくりアドバイザーとして、ものづく...

ママの振袖を仕立て直す「ママ振リメイク」 名古屋市錦にお店を構える創業1864年の老舗呉服店「きものやまなか」。 従来、呉服業界の売り上げの多くを占めてきたのが成人式の振袖購入です。 しかし、少子化に伴い振袖を購入する人...

「曲がる木」で商品開発 名古屋木材株式会社は建材販売を主業務とする会社です。 しかし、建材販売は今後の少子化社会を考えれば住宅数の減少とともに減っていくことは容易に予想することができます。 その中で当社は会社理念である「...

ハートの形の「いちごころ」 農業従事者は、収入が多くないことや後継者不足等が原因で減少を続けています。 いちご農家も同様で、国内のいちご農家の減少が深刻化しています。 その中で、いちご産業を発展させるため知的財産を使い積...

2016年8月1日の「愛知の発明の日」記念講演会にて講演をしてきました。 8月1日は「愛知の発明の日」。 自動織機で有名な豊田佐吉が最初の動力織機の特許を取得したのが明治31年8月1日だからだそうです。   豊...

7 / 10<<...56789... >>