『灯台』の記事一覧 : 94件

蛇は古代から不死の象徴とされる。世界中の神話に登場し、畏れ崇められた。一説によると、蛇は1年に1度脱皮することから、それを見た人々が生まれ変わって生き続けるもの=不死と考えたのだろうと言われる。つまり生き続けるには変化が...

 よくテレビや新聞等で「日本はものづくりの国である」と言うが、身の回りのものでメイドインジャパンはどれくらいあるだろうか?また、日本の工場で作られた以外のものがなくなったらどうなるのだろうか?「ものづくり」という言葉は響...

10月はじめ、日本のIoT推進ラボとアメリカのインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)、オープンフォグコンソーシアムがIoTの研究開発で連携すると発表された。IoTや第4次産業革命にとっては大きな一歩となる...

一部競技の会場をめぐるドタバタなど、少々傷がついてしまっている東京オリンピックだが、あのリオのオリンピックの熱狂を思い出すと、4年後、この興奮を東京で味わえるのが楽しみだ 日本経済飛躍のきっかけとなった前回の東京オリンピ...

私は「サラリーマン」という言葉が嫌いである。だから自分がそのカテゴリーに括られることを良しとしない。スーツを着て出社して外回りをし、上司と部下に挟まれ、酒を飲んで愚痴を言った後、満員電車に揺られて帰っていく。生活スタイル...

幕末から明治大正と日本の近代化を支えた生糸業 かつて日本の生糸業は日本の主要産業として経済を支え、安価で高品質というメイドインジャパンのはしりとして世界を席巻した。また、生糸業は日本の産業革命の出発点として、それ以降の製...

■危機感の薄い企業 第4次産業革命、インダストリー4.0は、FA(ファクトリーオートメーション)に関連する人々にとっては毎日聞くワードだが、そこから一歩離れると、同じ製造業界であっても意外とサバサバしている...

■衝撃を受けた食品機械の進化 食品や食品機械関連の展示会を取材した際、寿司を握るロボットやチャーハンを作るロボットなどユニークな食品機械が並んでいたのが印象的だった。特にじゃが芋の芽をカメラで撮影し、ロボ...

中国ロボットメーカーの紹介が好評だ。まとめている本人も、中国にはこんなにロボットメーカーがあり、垂直多関節も、スカラもパラレルリンクも、さらには協働ロボットのようなものまで揃っているとは正直驚き、新たな発見の連続だ。まだ...

■「おもてなし」って何?良いおもてなしの基準とは? 「お・も・て・な・し」。ここ数年で一気にメジャーになった言葉であり文化だ。長い年月をかけて育んできた、相手を思いやる気持ちとその行動が、世界でも類をみない独自の日本を作...

8 / 8<<...45678