『灯台』の記事一覧 : 95件

4月には地方から上京したと思しき若者の姿を多く見かけた。進学したばかりの学生、研修で東京に集められた新入社員など、街中で右も左もわからず戸惑っている様子が初々しい。憧れの都会生活は、多くの人との出会いがあり、刺激的で楽し...

所変われば品変わる。昨年11月に中国上海の国際工業展行き、ブースもステージ演出も何もかも巨大で派手な様子を見て、日本とこんなに違うものかと驚いた。先日、訪問したドイツのハノーバーメッセは、日本や中国とも違う雰囲気。ほとん...

「百花繚乱」。多くの花が咲き誇り、華やかなさまを表す言葉だが、企業がそれぞれ自慢の製品や技術を持ち込み、ブースを飾り立て、来場者を楽しませる展示会の様子を表すとしたら、この言葉が相応しい。一つの会場で多くの製品を見て、触...

先日、「『第4次産業革命』トークセッション&交流会@渋谷 ―ニッポンのIoTはどこにいくのか―」と題したイベントに参加してきた。スピーカーにロボット革命イニシアティブ協議会インダストリアルIoT推進統括の水上潔...

いま地球上に生きる生物の形は、それが最終形態ではない。長い歴史のなかで、あらゆる生物が、生きる環境によって姿形を変えて生き残ってきた。乾燥した砂漠に住む生物と、高温多湿に住む生物は、見た目や特性がまったく異なるのもそのせ...

世界で高く評価される日本の食文化。SUSHI(スシ)、TEMPURA(テンプラ)、SAKE(サケ)など、表記がそのまま世界で使われる言葉になったものがたくさんある。またSUMO(スモー)、SAMURAI(サムライ)、KI...

仕事柄、取材でIoTをテーマにした講演を聞く機会が多い。大企業のマネジメント層、スタートアップ企業の社長、大学の研究者など講演者は様々だ。内容で共通しているのは「IoTはあくまで課題解決の道具」「課題を明確にしないと取組...

「宝の持ち腐れ」という言葉がある。私の趣味の道具がそうだ。プロが使っている道具と同じモデルを使っているが、その100分の1の性能も出し切れていない。私自身はそれを使うことに酔いしれているから良いが、道具はたまったものでは...

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがある。ある事象が、まったく関係ないと思われるような場所や物事に影響が及ぶことのたとえだ。もともとは江戸時代の小説である浮世草子で使われたのがはじまりで、東海道を巡る弥次さん喜多さ...

人類の歴史は、移動と交流の歴史である。初めての人類はアフリカで登場し、世界に広がったと言われる。そこで集団を作り、その地域独自の文化の起源となった。移動により異なる文化同士の交流が起こり、新たな文化が生まれた。人類の歴史...

スマートファクトリーを実現するにあたり、最も大事なものは“データ”である。現場データの出どころは大きく2つ。“設備”と“人”だ。クラウドやAIだと言っても、まずはこれらからいかに多くのデータを製造現場から収集することが大...

アメリカでトランプ大統領が誕生して数週間、早くも世界が大きく揺れている。 この激変の時代、私たちはどう対応していけばいいのか。 そんなことを考えた時に、経営の神様と言われ、戦前、戦中、戦後の混乱期とその後の高度成長期とい...

7 / 8<<...45678