『灯台』の記事一覧 : 86件

人類の歴史は、移動と交流の歴史である。初めての人類はアフリカで登場し、世界に広がったと言われる。そこで集団を作り、その地域独自の文化の起源となった。移動により異なる文化同士の交流が起こり、新たな文化が生まれた。人類の歴史...

スマートファクトリーを実現するにあたり、最も大事なものは“データ”である。現場データの出どころは大きく2つ。“設備”と“人”だ。クラウドやAIだと言っても、まずはこれらからいかに多くのデータを製造現場から収集することが大...

アメリカでトランプ大統領が誕生して数週間、早くも世界が大きく揺れている。 この激変の時代、私たちはどう対応していけばいいのか。 そんなことを考えた時に、経営の神様と言われ、戦前、戦中、戦後の混乱期とその後の高度成長期とい...

 いまの製造業は、第4次産業革命なしに語れない。2014年ころから話題に上るようになり、15年にロボット革命イニシアティブ協議会等が設立された。第4次産業革命のムーブメントが本物と気づき、各方面で動き出した。しかし当時は...

蛇は古代から不死の象徴とされる。世界中の神話に登場し、畏れ崇められた。一説によると、蛇は1年に1度脱皮することから、それを見た人々が生まれ変わって生き続けるもの=不死と考えたのだろうと言われる。つまり生き続けるには変化が...

 よくテレビや新聞等で「日本はものづくりの国である」と言うが、身の回りのものでメイドインジャパンはどれくらいあるだろうか?また、日本の工場で作られた以外のものがなくなったらどうなるのだろうか?「ものづくり」という言葉は響...

10月はじめ、日本のIoT推進ラボとアメリカのインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)、オープンフォグコンソーシアムがIoTの研究開発で連携すると発表された。IoTや第4次産業革命にとっては大きな一歩となる...

一部競技の会場をめぐるドタバタなど、少々傷がついてしまっている東京オリンピックだが、あのリオのオリンピックの熱狂を思い出すと、4年後、この興奮を東京で味わえるのが楽しみだ 日本経済飛躍のきっかけとなった前回の東京オリンピ...

私は「サラリーマン」という言葉が嫌いである。だから自分がそのカテゴリーに括られることを良しとしない。スーツを着て出社して外回りをし、上司と部下に挟まれ、酒を飲んで愚痴を言った後、満員電車に揺られて帰っていく。生活スタイル...

幕末から明治大正と日本の近代化を支えた生糸業 かつて日本の生糸業は日本の主要産業として経済を支え、安価で高品質というメイドインジャパンのはしりとして世界を席巻した。また、生糸業は日本の産業革命の出発点として、それ以降の製...

■危機感の薄い企業 第4次産業革命、インダストリー4.0は、FA(ファクトリーオートメーション)に関連する人々にとっては毎日聞くワードだが、そこから一歩離れると、同じ製造業界であっても意外とサバサバしている...

■衝撃を受けた食品機械の進化 食品や食品機械関連の展示会を取材した際、寿司を握るロボットやチャーハンを作るロボットなどユニークな食品機械が並んでいたのが印象的だった。特にじゃが芋の芽をカメラで撮影し、ロボ...

7 / 8<<...45678