『工場経営』の記事一覧 : 161件

管理とカイゼン(改善)の違いは下限値を外した時の「上向き」矢印の対応スピードにある。両者の対応をごちゃごちゃにしない、という話です。 1. 生産現場はバラツキとの戦い お客様へ届ける「コト」は顧客価値や知覚品質と関連して...

技術開発と製品開発で技術イノベーションを起こすには、活動の土台に相当する手法や役割分担、トップの想いが欠かせない、という話です。 1. 技術イノベーション 中小製造業で技術イノベーションは成長に欠かせないものであることを...

ホンダが生産体質改革をグローバルに展開したのと同じように、現場で標準化を進め、成長を促してやる気を引き出す、という話です。 1. グローバルで技術が共通化されるメリット 国内企業が海外拠点で生産活動を立ち上げるにあたり、...

技術開発では、ベン図をイメージして、既存技術(コア技術)、組み合わせる技術、新たに生み出される付加価値の3領域を明確にする、という話です。 1. トヨタのTNGA 既存技術でも他の既存技術と組み合わせることで新たな付加価...

技術開発のスタイルも大きく変わり、外部の力を活用することが欠かせない。 コミュニケーション能力を磨くことも大切である、という話です。 1. 外部の力が欠かせない 大阪府や石川県、秋田県など約30社の中小企業で構成する「ジ...

不良品(不適合品)から得られる情報は多いので、仕組みを構築して無理なく、継続して「負の情報」を生かせる雰囲気を醸成する、という話です。 1. 「負の情報」を生かすために 現場にとって生産設備は動いてナンボノモノです。 ど...

不良品に注目し、「今」、現場で活用されている技術を知り尽くして、未来に生かす要素技術を設定し技術開発を成功させる、という話です。 1. 技術開発とカイゼンで求められる2つの視点 モノづくり工場の存続と成長では技術のイノベ...

技術開発では「解決すべき技術課題を明確に設定した後、課題を分割して適用すべき要素技術を探索する」という手法や手順を意識する、という話です。 1. 軽量化は今後、ますます求められる技術課題 軽量化は今後、ますます求められる...

工程能力指数で議論する以前の状況で生産を開始しなければならない時、まずは検査工程を生かして損金流出の低減を考える、という話です。 1. 検査コストを忘れない 工程能力指数はお客様の要求品質を維持するための検査コストを見極...

工程能力指数はお客様の要求品質を維持するための検査コストを見極めるときの判断基準のひとつになる、という話です。 1. 工程能力は不良率0.3%に相当するバラツキ 工程(生産設備)が持っている製造品質の均一性は「工程能力」...

工程(生産設備)の能力は2つあり、生産量を表現した「生産能力」と製造品質の均一性を表現した「工程能力」である、という話です。 1. 工程(生産設備)の「能力」を表現する2つの視点 見込生産や規構格品受注生産で、同一仕様の...

コア技術を深掘りするとともに外部環境を踏まえて将来的に顧客へ提供するコトを明確にできればブレない技術開発が可能になる、という話です。 1. すり合わせ能力に頼る製品開発は避ける 半導体の微細化技術の進歩によって製品機能が...

3 / 1412345...10... >>