『バーコード』の記事一覧 : 103件

user name

MONOist

2016/11/1
IT media

 NECは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(2016年6月22〜24日、東京ビッグサイト)において、「ものづくり見える化ソリューション」の1つである「物体指紋認証による個体識別」のデモンストレ...

 富士ゼロックスは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(2016年6月22〜24日、東京ビッグサイト)において、同社のIoT(モノのインターネット)を活用した生産革新活動を基に開発した製造品質の見...

 日立産機システムは2016年5月12日、高効率冷却システムの採用により印字を高速・高品質にしたCO2レーザーマーカー「LM-C300」シリーズを発表した。使用するうちに熱を帯びてくるレーザー発振器を効率よく冷却すること...

 デジタルは2016年3月14日、小型プログラマブル表示器「GP4100」シリーズのカラーモデルを発売した。生産現場のさまざまな情報の収集・活用をサポートし、製造現場のIoT(モノのインターネット)導入に貢献するという。...

 日立システムズは2016年2月16日、カシオ計算機と協業し、中堅・中小規模製造業向けに、ハンディターミナルとクラウドを活用して複数の工場に点在する製品の在庫・入出庫状況を「見える化」するサービスを開始した。  製造業で...

グローバルロケーション番号 (GLN)とは GLNはグローバルロケーション番号(Global Location Number)の意味であり、GS1が規定した国内および国際間取引において相互に企業や事業所等を識別するための...

連続出荷コンテナコード (SSCC-18)とは 連続出荷コンテナコード(Serial Shipping Container Code)は、国内および国際間取引における物流単位(パレット、ケース、カートン等)を識別するため...

梱包インジケータ (PI)とは 梱包インジケータ(Package Indicator)は、梱包形態や入数を識別するための国際標準の識別コードで、GS1が規定している。GTIN(国際取引商品コード)の先頭の1桁が、梱包イン...

国際取引商品コードGTIN (ジーティン)とは GTIN(ジーティン)は、Global Trade Item Numberの略で、GS1によって標準化された14桁の国際的な商品識別コードである。 流通共通商品コードの歴史...

GS1 Databar (RSS)の概要 名称について RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年に国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小...

GS1-128 (UCC/EAN-128)とは POS(販売時点管理システム)やEOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)等の流通情報管理システムの発展によって、より高度な商品管理や物流管理、業務管理が求められ...

GS1 Databar Expanded (RSS Expanded)とは RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年に国際EAN協会と米国コードセンター(UCC...

7 / 9<<...56789