株式会社富士通マーケティング『ICTのmikata』

お客様の業務課題の解決に役立つヒントが満載!ビジネス拡大の「味方」、ICT選びの「見方」、経営の最前線を支える情報サイトです。 企業経営の中核を担っている経営企画室、財務・経理部門、人事・総務部門、販売・営業部門、製造部門、情報システム部門のマネージャーおよび実務担当の皆様が抱える業務課題の解決に役立つヒントを富士通マーケティングが自ら取り組んだ社内実践例やICTを使って業務課題を解決した導入事例を多く公開しています。旬なイベント情報などをタイムリーにお知らせするメールマガジン「経営改革ライブラリー」も是非ご登録ください。 http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/

食品メーカーY社 様 年商60億円 背景 「おいしければよし」だった時代は終わり、今や食品メーカーはさらなるプラスアルファが無ければ生き残っていけません。 欠品などでお客様に迷惑をかけないこと。また、食品偽装や輸入食品に...

電子機器メーカーM社 様 年商50億円 背景 価格競争がますます激しくなる家電や電子機器。製造にかかるコスト削減だけではなく、在庫や流通まで含めた見直しが生き残りをかける企業にとって急務となっている。 課題・問題 電子機...

金属部品メーカーT社様 年商300億円 背景 グローバル化に伴う価格競争の激化により、性能・品質の高さだけでは勝ち残ることが困難な状況。 日本では、カンバン方式など徹底的な効率化を追求してきた歴史があり、これ以上のコスト...

清涼飲料メーカーY社 様 年商300億円 背景 多品種少量・短納期など、複雑化する市場への対応が求められている製造業。 もっとも、同じ製造業であっても、例えば自動車業界と食品・飲料業界では当然留意すべきことは違うはず。 ...

業務改善例 電子部品メーカーD社 様 年商120億円、従業員数350名 (2011年05月09日更新) 背景 グローバル展開をしている電子部品メーカーのD社は、売上に占める利益率の低さが大きな課題となっていた。 原因は製...

業務改善例 素材メーカーM社 様 年商300億円 (2011年05月09日更新) 背景 ニーズの変化や需給の変動が激しくなっている中、無駄な在庫を持たず、効率のよい生産体制を確立することは常識となっている。 とはいえ、取...

精密機器製造業D社様 年商:250億 背景 生産性の向上やコストダウンといった要望を受け、設備の自動化が当たり前となった製造現場。 しかし、ここでしっかり把握しておかなければならないのが、チョコ停の有無。 回数次第ではか...

企業規模や業種・業態の切り口だけで生産管理システムを選定していませんか? 一般的に、工業は製造方法から捉えて、加工・組立業(Fabrication & Assembly Industry)と装置業(Proces...

QCD目標を掲げることが製造業全体で大切なこととされています。 これらの目標を達成させるためには目標原価を設定することが重要です。 原価はどこまでも安くすることが可能ですが、品質を下げずに安定した顧客向けの供給数が保てる...

製造業全般においてQCDを重視することは、一般的な常識として定着しています。 ただし、さまざまな業種・販売戦略・社風によってどの項目を重視するか、優先順位を決めて運用していくかはさまざまです。 ここでは、製薬会社全般にお...

電機組み立て加工業において、商品を流通させ利益を得ている以上、QCD目標を立てるということは大切です。 ただし、企業の経営風土や経営規模、取り扱いを行う販売品目などによって、その目的は異なってくると考えることもできます。...

薬の安全を守るために、製薬会社は細心の注意を払って製造や梱包を行う必要があります。 輸入薬もしかりで、安全性を確認しなければ出荷できない、というような企業内ポリシーを遵守しています。 製薬会社が持つ安全意識は、一般に働く...

2 / 512345