オートメーション新聞

激変するものづくり環境に対応した有益な技術情報や製品情報を製・販・需に提供するとともに、それぞれの立場の方々の情報交換の場として活用いただくことを目的としています。また、新聞発行を通じて産官学などとの連携も強め、関連業界の活性化につながる取り組みも強めていきます。

蛇は古代から不死の象徴とされる。世界中の神話に登場し、畏れ崇められた。一説によると、蛇は1年に1度脱皮することから、それを見た人々が生まれ変わって生き続けるもの=不死と考えたのだろうと言われる。つまり生き続けるには変化が...

IoT(モノのインターネット)に注目が集まっている。 2015年5月28日にNHKが『クローズアップ現代』でIoTを取り上げ、コマツやアメリカのGEの取り組みや、ドイツ政府による「インダストリー4.0」を放映した。 放映...

いざロボットを使ってみたいと思っても、複数あるロボットメーカーの多くの製品群のなかから本体を選び、さらにエンドツールやビジョンといった関連機器を合わせていく必要があり、導入企業にとってハードルは高め。それに対し、KUKA...

第四次産業革命(インダストリー4.0)という『現代の黒船』が日本にやってきた。 米国GEのインダストリアル・インターネットにも刺激され、日本でもこれらの動きを組織的に進める団体が活動を開始した。 このポイントは、『つなが...

2012年から13年にかけて起きたMAKERS(メイカーズ)ブームで、一躍脚光を浴びた3Dプリンタ。数万円から十数万円で買える一般向け機種も数多く出て民生市場は盛り上がったが、近年はその熱も落ち着いている。 その一方、い...

第4次産業革命や製造業のデジタル化、いまはそれ無しに製造業は語れない。2014年ころから国内でも話題に上るようになり、15年にロボット革命イニシアティブ協議会、IoT推進コンソーシアム、IVIが設立された。インダストリー...

アジア製造業のお手本に 欧州の中小企業が実現している『製造オートメーション化』が世界の注目を浴びている。 欧州全体を取り巻く経済は、ロシア、東欧、中国の経済減速の逆風やEU域内課題が山積みで、欧州の優等生ドイツにも暗雲が...

安川電機の中国市場での動きが順調だ。中国のGDP成長率が6.5%にとどまり、成長の鈍化が懸念されるなか、同社は計画をクリアし好調をキープしている。 11月初旬に上海で行われた上海国際工業展の会場で、安川電機(中国)経営企...

 産業車両協会によると、無人搬送車(AGV)は08年のリーマンショックで激減した後、09年から再び増加傾向に転換。特にここ2年は急激な増加を見せ、2014年の納入実績が416システム1411台だったのに対し、15年は60...

人工知能が東大に合格する日が目前に迫っている。 今の 人工知能レベルは、偏差値47。全国の80%の私大に合格できるレベルに到達したそうである。ニューラルネットによる「新たなる進化」や「複雑なコトバを操る」人工知能開発も急...

矢野経済研究所は、IoT技術を使ったセンサーネットワークの予測を発表した。  IoT技術を使ったセンサーネットワークは、工場や設備の見える化システムをはじめ、ビルや施設のエネルギー監視や道路や水道などのインフラ監視、セキ...

 日清食品は滋賀県栗東市に、IoT技術を活用して安全性とコスト競争力を向上したスマートファクトリーである関西工場 (仮称) を建設する。設備投資額は575億円、完成は19年12月を予定している。  関西工場は月産315万...

64 / 68<<...102030...6263646566... >>