富澤 正 Ambassador

弁理士。コスモス国際特許商標事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。知的財産権の取得業務だけでなく知的財産権を活用した製品作りの商品開発コンサルタントを行う。知財マッチングを展開し、ものづくり企業の地方創世の救世主として活躍している。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標の活用を応援するWEBマガジン「発明plus Web」( https://hatsumei-plus.jp/ )を運営している。

特許権侵害の警告書が届いた!? 「特許権侵害の警告書が会社に届きました!?そんな特許権知らないから大丈夫ですよね?」といったことを聞かれることがあります。 特許権、意匠権、商標権といった知的財産権は知らないでは済まされま...

知的財産権をどう選ぶのか!? 私たち弁理士が扱う知的財産権には、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など様々な権利があります。 依頼者から相談された時、複数の権利からどの権利が適しているのかを考えて提案していくのも...

世の中で出ている商品にスポットをあて、アイデア発想のヒントにしてもらおうという企画。   みなさんコーヒーは飲まれますか? 都心の町中ではコーヒーショップがあちこちに乱立しコンビニでも百円コーヒーがどこでも飲め...

目標を基準にして計画を立てる PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字を取った、製造業の改善活動でよく使われる手法です。 PDCAは新商品開発にも使うことができます。 『こ...

知ってもらうことが必要 プレスリリースとは、報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表のことです。 今回、プレスリリースの配信サービス「@Press」を展開するソーシャルワイヤー株式会社アットプレス事業部の方にお話を伺いま...

業者間の意思共有を図る モノづくりでは、いち早く製品を製造すること重要です。製造の遅れは流行を逃し、売り時を逃すことになるからです。 製造を後れさせる一つの要因として、社内外での意思疎通がされていないことがあります。 意...

製造業のWEBマーケティング モノづくりをする製造業の多くは、ホームページを持っていてもそれを十分に活かすことのできていない企業が多いように感じます。 それは今まで下請け企業として仕事を受注して依頼通りに製造を行ってきた...

補助金や助成金を賢く活用しましょう 仕入れ販売をしていたり、受注生産をしていても、最終的には自社商品開発を目標にしているという企業も多いと思います。 資金調達の方法は大きく融資、助成金、補助金があります。銀行から資金を借...

モノづくりで足りない知識をクラウドソーシングで補う クラウドソーシングは、インターネットを使って不特定多数の人に業務を依頼するサービスです。 クラウドソーシングでは、デザイナーやマーケッター、WEB開発者といった多種多様...

開放特許情報データベースとは 開放特許情報データベースとは、インターネット上で、企業、大学、研究機関等の開放特許を一括して検索できる公的なサービスです。 開放特許情報データベースの利用は無料(ID、パスワードなし)で利用...

日本弁理士会が行う知的財産コンサルティング 平成27年度、日本弁理士会は,「弁理士知財キャラバン事業」を立ち上げました。 本事業の主たる目的は,中小企業に知財戦略・知財経営の重要性に気づきを与えることです。 日本において...

おもちゃはどこまで似ているとアウトなのか? 「ある人気のおもちゃと似た商品を作ろうと考えています。その場合知的財産権で気を付けることはありますか?」といった質問を受けることがあります。 人気商品が出てきたときに、似たよう...

11 / 13<<...910111213